【面接解禁直前】諦めるな就活生!まだ間に合う面接対策と質問例はこれだ!

面接解禁がいよいよ数日後に迫ってきました。

自己分析や会社説明会等に

大半の時間をとられてしまい

面接対策はまだ何もできていない方は

多いのではないでしょうか?

これから、

直前でも間に合う面接対策を

質問例含め、ご紹介していきます。

Sponsored Links

そもそもの面接の目的とは?

労働局が明示する面接の目的は、

以下の3点になります。

 

テストや資料から読み取れるデータの総合評価

テスト等から読み取れる部分的なデータを、

総合的な視野に立って、データを確認しながら、

候補者のリアクションや適性、能力を

総合評価していくこと。

 

就活生と企業の情報交換

質問を通じて、候補者から

志望動機、企業側への要望、

就職条件等を聞き出し、

企業側の採用条件、

労働条件を説明することで、

相違の意思疎通を図ること。

 

適性、能力の判定

データでは判断できない対人能力や表現力などを

企業が求める基準と照らし合わせて判定すること。

 

上記が

面接の目的として明示されていますが、

端的には

一緒に働ける仲間になれるかどうか?

を確認することが目的となっています。

是非、その点は意識するよう心掛けてください!

Sponsored Links

 面接の流れ

決められた型はありませんが、

大枠の面接の流れは以下となります。

 

導入質問

候補者の緊張を和らげるウォーミングアップ

選考とは関係ない質問をする。

 

本質問

適性、能力を判断する内容

選考に直接的に関係する質問をする。

 

情報交換

企業の採用条件を提示するとともに、

候補者の疑問に答える。

企業、候補者のマッチングができているか

確認する作業のため、選考に関係する。

 

結び

候補者へのフィードバックや

面接に足を運んでくれたことに対し

感謝の労いをする。

選考とは関係ない総括を行う。

 

上記の中では、

本質問の対応を懸念されていると思いますが、

一番大切なパートは、

第一印象を与える導入部分です。

この部分で、

元気でハキハキとした対応を見せられるかで

以降の流れが決まる

と言っても過言ではありません!

是非、最初が肝心なことを心掛けてください!

 

面接の評価基準

企業によって評価基準は異なりますが

以下が代表的な基準となっています。

 

理解力

質問内容の意図を捉えることができる。

的確に質問を答えることができる。

問題の分析ができ、自分の意見を組み立てられる。

 

判断力

自分の考えを明確に出す。

考え方に柔軟性がある。

決断が早い。

 

表現力

自分の考えを的確に表現できる。

論旨に一貫性がある。

分かりやすく話せる。

説得力がある。

まとまりのある話し方をする。

話をうまくまとめる。

 

知識・学力

一般常識がある。

専門科目にすぐれている。

優れた知識、技能を持っている。

応用力がある。

 

実行力

物事を追求してやり遂げる。

人を巻き込むことができる。

臨機応変に対応できる。

 

動作

言葉がテキパキしている。

自信を持って答える。

誤りを素直に認める。

集中力がある。

 

上記の中でも、

質問の意図をしっかり理解して、

的確に答える能力は重視されます。

面接官が何を知りたいのかを

意識して回答するよう心がけましょう!

 

面接の質問例

面接の流れに沿って、質問の例をご紹介していきます。

 

導入質問

今日はどんな手段で会社に来ましたか?

会社までどれくらいの時間で来ましたか?

昨夜は眠れましたか?

緊張していますか?

この会社をどのように知りましたか?

 

本質問

志望理由は何ですか?

学生時代で頑張ったことは何ですか?

あなたの強みは何ですか?

あなたの弱みは何ですか?

人生の挫折経験は何ですか?

 

情報交換

転勤はありますが大丈夫ですか?

最初は営業で3年間頑張ってもらいますが大丈夫ですか?

何か質問はありますか?

 

結び

今回の面接はどうでしたか?

他社の選考状況はどうですか?

 

面接は、

短い時間で人を評価しなければなりません。

そのため、どうしても質問の内容よりは、

質問の答え方が重視されます

そこで

最低限注意していただきたいポイントは、

ぼそぼそしゃべらない!

分からない場合は分かりませんという!

笑顔を忘れない! 

ことです。是非、その点を意識して

面接に挑んでいただければと思います!

 

まとめ

直前でも面接対策は間に合います!

面接の流れ、面接の目的、

評価基準を理解することで、

面接の対策としては充分です!

是非、この内容を直前に理解して、

面接を迎えて欲しいと思います。

最後に本当に大切なのは、

自分が準備をしたという自信です。

面接については、

この内容で大丈夫ですので、

自信を持って面接を受けてきてください!

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です