【集団面接】グループ面接の対策はマナーを守ることを意識しよう!

恥ずかしいですよね、グループ面接

横に同じ学生がいる中で、

「私の強みは〇〇です。」と

アピールしなければいけなのは、

辛くて仕方ないと思います。

できるなら、避けて通りたいですが、

大手でも導入している企業が多いので、

逃げるわけにはいかないですよね!

これから、集団面接について、

「これだけ意識すれば大丈夫!」

というポイントをご説明していきます。

Sponsored Links

個人面接と集団面接の違い

集団面接は言葉の通り、

複数人の候補者と、2~3人の面接官で

実施される面接のことです。

個人面接では、発言した内容に対して、

深く掘られることが多いですが、

集団面接では、深堀されることは

ほとんどありません。

 

流れ

自己紹介をお願いしますと言われ、

Aさんから順に一人一人答えていく流れです。

質問をされ、質問に答えて、

面接官が引っかかる箇所は再度質問され、

簡易的に答え、次の候補者に質問がされる

といったフローが多いです。

イレギュラーが少なく、形式的な特徴があります。

 

テーマ

集団面接だからといって、

複雑な質問をされる訳でなく、

学生時代に取り組んだことなどの

汎用的な質問がされます。

通常の面接対策をしていれば、

焦る要素は全然ありません。

 

評価基準

複数人の候補者を30分程度で見るため、

あくまで足切り材料の性質が強いです。

とは言っても、質問に対して、

分かりやすく簡潔に答える点は見られます。

短時間でポイントをいかにして答えるか

判断基準となりますので、

自分の回答時間を気にする必要があります。

Sponsored Links

集団面接の対策!

集団面接だからというコツはありません。

しかし、個人面接と集団面接の違いは、

持ち時間と他の候補者が存在するということです。

その点については対策が必要になりますので、

心構えについてご紹介します。

 

マナーを意識しよう!

他の候補者が回答している時の

あなたの態度は見られます。

緊張、回答について考えているなど

ありますが、他の候補者の回答は

必ず聞くようにしましょう。

例え、内容について集中できなくても、

無言の相槌だけは忘れないようにしましょう!

 

回答内容が同じでも気にしない!

直前に回答した人が、

これから自分が回答しようとした内容の場合、

かなり焦りますよね!でも、大丈夫ですよ。

内容が同じだからと言って落とされることはありません。

話し方などで同じ内容でも伝わり方が変わるからです。

即座にアドリブが効かない場合は、

堂々と同じ内容で回答してください。

ただし、できればそこで

他の話題を用意できる柔軟性があると良いと思います。

やはり、面接官は2回連続で同じ話題は飽きるからです。

工夫としては、

学んだ視点を変えるなどできると好ましいです。

 

短く簡潔に答えよう!

他の候補者が回答する時間を必ず配慮しましょう!

あなただけが永遠と話すようなことは

しないようにしましょう。

あくまで、与えられた質問に対して、

簡潔に答えることだけ意識してください。

集団面接で話足りない部分は、

個人面接でアピールするようにしましょう!

 

まとめ

グループ面接だからと言って、

特別な対応をとる必要はありません。

マナーなどの心構えさえ意識していただければ、

個人面接との相違はありません。

隣に同じ学生がいる中で、

回答をしないといけないことは

恥ずかしいですが、他の学生も同じ条件です。

皆で恥をまき散らすイメージで、

楽しんで選考に挑んでいただけると良いと思います!

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です