面接で「キャリアプラン」を聞かれた際の答え方と例文!キャリアパスの描き方は!?

面接で「キャリア」に関する質問は多くされます。

特に、皆さんが、

どのようなキャリアプランを持っているかは、

必ず聞かれると言っても、過言ではありません!

これから、

「キャリアプランが聞かれる理由」、

キャリアプランを聞かれた際の答え方」、

「キャリアプランの回答例文」、

「キャリアパスの描き方」を、

ご紹介したいと思います。

Sponsored Links

質問の意図は?

皆さんは、何故、

キャリアプランが聞かれると思いますか?

働いたことがない皆さんでは、

キャリアをイメージすることは、

実際、難しいと思います!

無茶ぶりなのかと思いますが、

企業の意図は、以下となります。

企業研究をしたか確認したい!

皆さんがお話するキャリアプランが、

企業で実現できる内容かどうか、

確認したいのです!

企業は、実現できないプランを語られても、

「他の会社で頑張ってください」

としか言いようがありません。

仮に、雇った場合、

やりたいことができないので

辞められてしまうリスクもあります。

また、キャリアプランが実現可能かどうかまで、

企業研究をしていることが、見られます。

実現不可能なキャリアプランをお話した場合、

企業研究を何もしていないと捉えられます。

この質問をすることは、

最低限の準備を確認する上で、

企業は有効だと捉えられています。

 

育成計画の参考にしたい!

企業は、個人のキャリプランを参考に、

配置を検討したいと考えています。

売り手市場の中、モチベーションの維持を考えると、

人材のリテンションには、

やりたい仕事を任せることが有効だからです。

また、今後、働き方改革で、

自由な働き方が進んでいくことになります。

そういった場合、どんなスタンスを、

働くことに対して、持っているかを、

知っておくことは重要です。

この質問をすることは、人材のリテンション、

価値観を確認する上でも有効と捉えられています。

Sponsored Links

事前準備

キャリアパスの描き方!

キャリアパスとは、端的に言うと、

「職務の履歴書」のことです。

企業に勤めたことがない方には、

キャリアパスを描いてくださいと言っても、

難しいと思います。しかし、

企業研究、職種研究、自己分析を行うことで、

ある程度のキャリアパスをイメージすることはできます。

以下を参考に、キャリアパスの

イメージを掴んでいただければと思います。

【キャリア形成】キャリアビジョンとキャリアプランを考えよう!

キャリアプランの考え方!

年功序列、終身雇用が担保されていた時代では、

キャリアプランを企業に任せていて、

全く問題ありませんでした。

転勤などの命令にさえ耐えれば、

上手に定年を迎えることができました。

しかし、今は、違います!

絶対に潰れることがないとされていた企業が、

窮地に追い込まれて、潰れている時代です。

また、成果主義の煽りを受けて、

「自分の身は自分で守る」風潮もあります。

先ず、皆さんには、

キャリアプランは自分で描く必要があることを、

念頭においていただきたいです。

以下、参考です。

【キャリアデザイン】企業に頼るな!自分のキャリアは自分で創ろう!

質問の答え方!

質問の意図と関係しますが、

質問を答える際の注意点をご紹介したいと思います。

実現可能性を考慮しよう!

皆さんが描いたキャリアプランが、

志望する企業で実現できるかどうかは、

必ず調べておく必要があります。

例えば、

あなたが人事でのキャリアを希望している場合、

制度設計をやりたいと主張したにも関わらず、

給与計算などのシェアード会社を受けるのでは、

本末転倒になっていますよね?

必ず企業研究を行い、

そんな間違いがないように準備を行いましょう!

 

大胆かつ謙虚に答える!

キャリアプランは大胆な内容で問題ありません。

しかし、

あくまで、企業でその体験をさせていただくという

謙虚な姿勢は持つようにしてください!

何も功績を残していないのに、

自己主張だけする人間は、自己中ですよね!

権利を主張するだけでは、

企業は受け入れてくれませんので、

謙虚な姿勢は忘れないようにしましょう!

 

質問の回答例文!

私は、人事として、

キャリアを積んでいきたいと考えています。

理由は、大学の授業で、人事系の学問を学び、

人事の仕事に興味を持ったからです。

最終的なキャリアイメージは、

人事制度企画、組織開発などの分野で

活躍したいと思っています。

そのため、弊社で入社した後は、

先ず、人事の基礎となる労務系を、

しっかり学び、身につけたいと思っています。

その後、基礎が身に付いた後は、

人事制度企画、組織開発分野で、

会社に貢献していきたいと考えています。

 

まとめ

キャリアプランは面接で聞かれることが多いので、

答えられるように準備しておきましょう!

実現可能性を考慮しようと言いましたが、

あくまで、皆さんのプランがあって、

どの会社を選択するかが重要です!

企業に入りたいがために、

皆さんのキャリアプランを考えるのは、

後々、自分自身を苦しめることになります。

そんな事態に陥らないようにしましょう!

世の中には、会社は無限とあります。

是非、皆さんが思い描くキャリアを実現できる

会社に出会っていただければと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です