面接で頭が真っ白になった場合の対処法!就活で頭が回らない時はどうする!?

就活の面接において、

皆さんが一番怖がっていることは、

面接で頭が真っ白になること」だと思います。

緊張で、思考停止状態に陥り、

自分が何を話しているか分からなくなり、

自滅してしまうことを最も恐れていると思います。

これから、そんな「面接で頭が真っ白になる原因」と、

「頭が真っ白になった場合の対処法」をご紹介したいと思います。

Sponsored Links

面接で頭が真っ白になる原因!

皆さんは、何故、面接で頭が真っ白になると思いますか?

自己分析や面接の練習を繰り返したにも関わらず、

本番になると、頭が真っ白になってしまうことが、

面接では往々にしてあります。

私自身、最初の通信会社大手の面接では、

面接練習を行っていたにも関わらず、

頭が真っ白になってしまい、「すみません。」しか

言えなかった苦い経験があります。

「すみません」が多いけど、

そんなに誤らないで大丈夫だよと、

励まされたのを今でも鮮明に覚えています。

そんな経験から、頭が真っ白になる原因は、

「緊張」ということが分かりました。

「なんだ、緊張かよ」と思った方はいると思いますが、

面接で感じる緊張にはいくつかの種類があるので、

詳しくご説明したいと思います。

 

落ちたくないという緊張

どうしても、その企業に入りたいという想いが強い場合や、

そこに落ちたら行く企業が無くなってしまう場合などに、

生じる緊張です。

選択権が企業にあるにも関わらず、

落ちないために、頑張らないといけないと、

自分自身を追い込んでしまうことに繋がります。

 

自分を良く見せたいという緊張

企業に受かりたいがために、

嘘や架空の人物を演じる必要がある場合に

生じる緊張です。

現実の自分との乖離が、

逆に自分へのプレッシャーとして、

のしかかってしまい、自分を追い込んでしまいます。

 

上記の2点が、私が特定した、

頭が真っ白になる原因の正体です。

いずれも、自分自身に集中できてなく、

思考の方向が企業に向かってしまっています。

Sponsored Links

面接で頭が真っ白になった場合の対処法!

先述で、原因は特定できましたので、

これから、頭が真っ白にならないための準備と、

頭が真っ白になった場合の対処法をお話します。

頭が真っ白にならないための準備

飾らない自分で面接には挑もう!

先程の緊張の原因と関連しますが、

面接では自分自身に焦点が当たっていないといけません。

あなたのことを聞かれているのに、

考えが企業に向かっているようでは、

的確な回答ができなくなります。

先ず、第一は「今の自分で勝つ」ということを

優先させていただきたいです。

 

面接練習は環境まで整えた状態で!

面接練習の際、質問を答える練習だけで、

終える方が非常に多いです。

家で、面接の回答練習をしても、

リラックス空間なので、何の意味もありません。

可能な限り、自分が適度に緊張できる場所を探し、

親しすぎない間柄の知人に協力してもらうなど、

面接本番の環境に近づける練習をおすすめします。

 

頭が真っ白になった場合の対処法

どんなに準備をしても、

頭が真っ白になってしまうことはあります。

そんな面接で頭が回らない時はどうすれば良いかを、

以下3点対策としてご紹介します。

 

「分かりません」と素直に答える。

分からないものは分かりません。

特に、頭が真っ白の状態では、

余計に分からなくなっています。

そこで、自分の思ってもいないことを、

適当に話すくらいなら、分からないと告げて、

次の質問に切り替えた方が得策です。

是非、「分からない」を怖がらず、使用してください。

できる面接官は、フォローしてくれます!

 

「もう一度、ご質問伺ってもよろしいですか?」と伺う。

頭が真っ白の状態だと、

そもそもの質問の意図が理解できていない場合が多いです。

もう一度、質問自体を伺うことで、

頭の中を整理することにもつながりますので、

積極的に、お伺いをするようにしましょう!

質問をもう一度するくらい、何の影響もありません。

 

「申し訳ございません。緊張で頭が回っていません。」とお話する。

最終的な手段になりますが、

一度、自分が緊張で頭が回っていないことを申告しましょう。

そうすることで、自分にもゆとりがでますし、

面接官も緊張を和らげようと、雑談など交えてくれる場合があります。

私は、素直な人材が最強だと思っていますので、

怖がらずに、もう駄目だと思ったら、

開き直ってみるのも良い手段だと思います。

 

まとめ

面接をどんなに対策をしても、

本番で頭が真っ白になってしまうことはあります。

その際は、是非、緊張で頭が回っていないことや、

質問をもう一度伺うなどして、開き直っていきましょう!

面接は、ほぼ「運」で構成されています。

相性の良い面接官であれば、救済はありますし、

逆に、相性が悪い面接官であれば、

そもそもノーチャンスです。

そんなことを踏まえて、気楽に、肩の力を抜いて、

是非、面接には挑んでいただきたいです。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です