面接で志望動機を聞かれた際の答え方と回答例!履歴書と同じで大丈夫!?

面接で志望動機は必ず聞かれます!

志望動機の対策無くして、内定には近づけません。

これから、「志望動機が聞かれる理由」と

「志望動機の答え方、回答例」と、

皆さんが一番心配していると思われる

履歴書と同じ内容を答えて大丈夫か?」を、

ご紹介させていただきます。

Sponsored Links

何故、志望動機が聞かれるか!?

皆さんは、何故、志望動機が聞かれると思いますか?

「何となく、働いてみたいと思ったからです!」

大抵の皆さんの本音は、そんな感じだと思います。

私自身、自分のやりたい人事の仕事ができれば、

どこでも良いという考えだったので、

会社を絞った段階では、何となくという想いが強かったです。

そんなことを皆さんも考えていると思いますが、

そうは言っても、企業が志望動機を聞く理由は、

以下の2点となりますので、ご紹介させていただきます。

会社人生で何を成し遂げたいか確かめたい!

志望動機の根底にあるのが、

自分がやりたい仕事、自分の得たいステータスなどの、

こだわりになると思います。

企業は、志望動機を通じて、

そんな「こだわり」や「考え方」を確かめたいと考えています。

こだわりを知ることは、あなたが入社した際の、

キャリアプランの参考にできますし、

あなたのモチベーションの源泉を確かめることに繋がってきます。

そのため、この質問は、「あなたを知る」

という点で、とても有効な質問になっているのです。

 

同じ志を持って、働いていけるか確かめたい!

次に、あなたの想いを確かめた後、

お互いのベクトルが同じ方向なのかが重要になります。

ベクトルが逆を向いている場合、

共同で何かを成し遂げるために、

会社は存在していますので、分裂してしまいます。

また、ベクトルが同じでも、想いの強さなども同様に重要です。

想いがない、その場しのぎでは、今後一緒に働いていく中で、

温度差が生まれ、協働が難しくなります。

上記のような内容を、

企業は確認したいと考えていますので、

志望動機は必ず聞かれることになります。

Sponsored Links

志望動機の答え方と回答例

志望動機を答える際は、

先述した企業の確かめたいポイントを押さえつつ、

以下でご紹介する内容で答えると効果的です。

是非、参考にしていただければと思います。

志望動機の答え方!

自分の成し遂げたいこと=企業の方向性

先ず、自分の会社人として成し遂げたいことを示し、

その上で、御社でその仕事ができるという根拠を示し、

自分が適任であることをお話するようにしましょう!

 

自分の強みが企業の一部に貢献できる内容を答えよう!

志望動機には、必ず自分が会社に貢献できるという

意志を示す必要があります。単に、

「私はその会社に入りたいです!」という

アピールでは弱く、企業にどのような価値を

与えられるかという視点にたち答えましょう!

その際、やはりPRポイントと言えば、

自分の強みになりますので、

この部分が御社の〇〇に貢献できるということを、

お話するようにしましょう!

 

志望動機の回答例!

私の志望動機は、御社の〇〇の事業で、

社会の〇〇に貢献したいと考えたからです。

具体的には、御社の〇〇は、〇〇に影響を与えており、

社会的になくてはならない事業だと思っています。

私はそんな御社の事業を行うことで、

社会の〇〇に貢献していきたいと考えています。

その際、私は〇〇な点を活かして、

少しでも御社の〇〇に貢献したいと考えております。

 

履歴書と同じ内容を答えて大丈夫!?

皆さんの「ふと思う疑問」として、

履歴書と同じ内容を答えて大丈夫か?があると思います。

真相は、「全然問題ない!」ということになります。

そもそも履歴書を事前に読んでいる企業は少ないですし、

履歴書に書いてある内容を、深堀して、

あなた自身を知りたいとも企業は考えています。

志望動機がたくさんあって、理論武装できているなら、

別の視点で、新たな志望動機を話しても問題ないと思いますが、

原則は、履歴書と同じ内容をお話した方が良いと思っています。

なぜなら、履歴書の書いた内容で、ある程度の流れを、

皆さんは作っていると思いますし、幅を拡げることで、

志望動機が空中分解する危険があるからです。

一発勝負の面接で、賭けにでることは、あまりおすすめしません。

 

まとめ

面接で志望動機を答える際は、

必ず自分が何に貢献できるか迄含めた

回答をするようにしましょう!

あなたがしたいことだけを述べても、

面接官には全く響きません!

面接官は、この人がどの分野で、

貢献できそうかという視点で、皆さんを見ています。

是非、その深い視点まで持てるように準備をしましょう!

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です