面接で短所を聞かれた際の答え方と回答例!就活の短所長所一覧と書き方!

面接で聞かれることが多い、

「あなたの短所は何ですか?」

面接官からストレートに聞かれると、

一瞬、驚いてしまいますよね?

これから、「面接で短所を聞かれた際の答え方

をご説明して、短所、長所一覧が、

その際、役立つことをご紹介したいと思います。

Sponsored Links

面接で、何故、短所が聞かれるのか?

皆さんは、何故、面接で短所が聞かれると思いますか?

大抵、短所は、長所を聞かれる時にセットで聞かれます。

強みはアピールポイントになりますが、

弱みはマイナスポイントなので、

あまり答えたくないと皆さん考えると思います。

しかし、その弱みの内容は、実は重要ではありません。

企業が知りたいのは、以下の2点になります。

客観的に自分の弱点を捉えているか確かめたい!

先ず、短所、弱点のない人間はいません。

私自身、そんな完璧な人間に出会ったことがありませんし、

長所と思える内容が、短所として捉えられることもあります。

つまり、短所は、

長所が短所、短所が長所へ、状況に応じて変化していくものです。

そんな短所の内容自体より、企業は、

短所を客観的に自覚できているかを重視しています。

なぜなら、短所を気付いていない場合、

自分でそれを治すこともできませんし、

反省することもできないからです。

先ず、第1ステップとして、

企業は短所を認知しているか見ています!

 

自分の弱点とどう向き合っているか確かめたい!

客観的に自分の弱点を捉えているかと関連しますが、

弱点とどう向き合っているかも企業は見てきます。

理由は、企業は柔軟に対応できる人間を獲得したいと考えています。

そんな中、

「短所を放置して、そのままでいるのか?」

「自分で短所を長所に変えるよう努力しているか?」

など、柔軟性があるかどうかを、

この短所との向き合い方で見ているからです。

この第2ステップまで、

たどり着いた回答を企業は求めています。

Sponsored Links

面接での短所の答え方(書き方)と回答例!

面接での答え方、そしてエントリーシートでの書き方を

以下にご紹介したいと思います。

いずれも、答え方は同じですので、参考にしてください。

答え方のポイント!

短所を他人から言われたように話す(書く)!

短所を他人から指摘されたように話すことで、

他人が思う短所を、自分自身が自覚できている

ということになります。

単に、自分が思う短所とは違い、

短所を認知できていることにつながりますので、

是非、この内容で答える(書く)ようにしましょう!

 

短所を長所に変えて、言い換えでアピールする!

短所をそのまま短所のまま話すと、

ただのマイナスアピールになります。

そのため、短所を長所に言い換えてアピールするようにしましょう!

短所は長所に、状況によって変わります。

是非、その意識は忘れないようにしましょう!

 

短所の回答例!

私は、友人や知人に、「見切り発車」が多いと言われます。

自分自身では根拠を持って動いているのですが、

先ずは行動して、走りながら考えるタイプなので、

周りからは、そう捉えられるようです。

しかし、人によっては、行動力があると言われますので、

一度、止まって考える癖をつけることで、

バランスの取れた人間だと捉えていただけると思っています。

 

長所短所一覧は役に立つ!

先述でご紹介した短所を長所に言い換える場合に、

様々なサイトの長所短所一覧はとても役に立ちます。

例えば、以下の短所は、言い換えることができます。

心配性、優柔不断

→様々な角度から物事を見ることができ、

選択肢を熟考してから、答えを出す。

 

緊張しやすい

→些細なことも、しっかり考える癖があり、

何事にも当事者意識を持って取り組む。

 

人見知り

→言葉数が少ないだけで、

相手の意見を聞くことを優先している。

 

マイペース

→自分自身の意見を持っていて、

自分のやり方を大切にしている。

 

せっかち

→物事に対して、

足でかせぐように、行動力がある。

 

まとめ

短所を聞かれた際は、先ずは、

短所を客観的に捉えられていることを、

面接官に示す必要があります。

そして、その際は、

短所を、長所に言い換えて回答するようにしましょう!

そうすることで、短所とどう向き合っているかを、

面接官に示すことができ、充分なアピールとなります。

是非、実践していただけばと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です