【自己PR】就活生が情緒安定性をアピールする際のポイントはこれだ!

以前、パーソナリティー特性を活かした

自己PRをしようとお話しましたが、

今回は、その中でも

情緒安定性」を取り上げて、

ご説明したいと思います。

Sponsored Links

情緒安定性のポイント

近年、メンタルヘルスについて、

企業は力を入れるようになりました。

その対応で、

従業員の職場環境を整えることは大切ですが、

そもそもメンタル気質の人間を雇わないこと

が重視するようになりました!

メンタルヘルスは、

企業の生産性にダイレクトに効いてくるからです。

そんな中、メンタル気質であるかどうかを

企業は、情緒安定性の視点から見ています。

これから、情緒安定性として

見られるポイントをご紹介します。

 

情緒安定性は、

「感情の状態」「物事の捉え方」

の視点がポイントとなります。

以下にて、

具体的な内容をご説明します。

 

感情の状態

心配性ではありませんか?

日々の生活に余裕を持てていますか?

緊張しやすいですか?

いつも落ち着いていられますか?

「日々の生活の感情が安定しているか」

が一つの指標となります。

不安材料などは書き出すなどして、

少しでも感情を安定させるようにしましょう!

 

物事の捉え方

ネガティブな考えをしていませんか?

周りの評価を気にしすぎていませんか?

批判や注意を受けた時、パニックになりませんか?

良い意味で批判的に物事を捉えられますか?

「外部の刺激に対し、感情を安定的に保てるか」

がポイントとなります。

焦っていると感じたら、

呼吸を整えるなど、自分なりの対策法を

身につけるようにしておきましょう!

 

上記が情緒安定性で見られるポイントです。

情緒が安定している人でないと、

採用される可能性はかなり低いです。

また、

パーソナリティー検査で

情緒安定性のポイントが低い場合、

それだけで足切りされることがあります。

この点を是非意識していただき、

パーソナリティー検査は受けていただきたいです。

Sponsored Links

情緒が安定していることをアピールしよう!

情緒安定性を見られる機会は、

パーソナリティー検査面接です。

パーソナリティー検査では、

質問が感情の状態、物事の捉え方について、

問われているかどうかの確認をしながら、

回答していくようにしましょう!

面接では、

挙動不審な行為は控えて、

多少言葉がぎこちなくても構いませんので、

安定して答え続けるようにしましょう!

また、就活において、

情緒安定性を自己PRすることはおすすめしません。

なぜなら、

足切り材料として見られる要素のため、

アピール力に欠けるからです。

あくまで、この要素については、

最低限の基準を満たすよう

取り組んでいただければと思います。

 

まとめ

情緒安定性は、

「感情の状態」、「物事の捉え方」

がポイントとなります。

パーソナリティー検査での足切りや、

面接で情緒不安定と思われないよう、

最低限の対策をしていきましょう!

 

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です