就活の面接で専攻内容、専攻分野、専攻テーマを聞かれた際の答え方!

面接で聞かれることが多い、

専攻に関する質問ですが、何を答えていいか迷いますよね!

特に、ゼミに所属できていない人は、

専攻テーマと言われても厳しいと思います。

これから、「面接で専攻内容などが聞かれる理由」と、

「専攻の聞かれ方の違い」、「専攻を聞かれた際の答え方」

をご説明させていただきます。

Sponsored Links

専攻が聞かれる理由とは?

皆さんは、何故、専攻について聞かれると思いますか?

大学名と学部、学科で、大学で取り組んでいることが

ある程度理解できると思いませんか?

企業が専攻を聞く理由は以下の2点となります。

学生時代に何に興味を持って学んできたかを知りたい!

面接官は学生が入社した際のイメージを膨らませます。

学生が今までにどんなことに興味を持っていたか?

学生が今後どんなことに興味関心を見出しそうか?

などという、今まで学んできたことで、

どんなことに興味関心があるかを知りたいからです。

また、大学時代にその内容が薄い学生は、

大学で遊んでいたとみなされてしまうので注意しましょう!

 

専攻が今後の仕事に活かせる内容か確かめたい!

企業は適材適所を実現して生産性を高める目標があります。

その上で、過去の専攻はとても有効な情報源となります。

専攻に関連のある部署、職種に配属するために、

専攻内容を細かく聞き、どこに配置するのが良いか確かめたいからです。

過去の専攻があなたの強みとなりますので、

是非、専攻を聞かれた際は、深く答えられるよう

準備をしておく必要があります。

Sponsored Links

専攻分野、専攻内容、専攻テーマの違い!

専攻について聞かれた際、

専攻分野、専攻内容、専攻テーマと聞かれることが多いです。

それぞれ、何を聞いている質問なのかを以下にて説明します。

 

「専攻分野」は学科レベルを聞いています!

Ex 文学科、言語学科、経営学科、数学科etc

 

「専攻内容」はゼミの内容を聞いています!

Ex 経営系、国際系、遺伝子系、工学系etc

専攻分野より、深い内容を説明する必要があります。

 

「専攻テーマ」はゼミなどで取り組んでいるテーマを聞いています!

Ex 〇〇技術を用いた実用研究、マーケティング手法を用いた実証研究 etc

専攻内容より、詳細な内容を説明する必要があります。

 

専攻を聞かれた際の答え方!

専攻を聞かれた際に意識していただきたいのが、以下の2点となります。

できるだけ、専攻が仕事に活かせる点をアピールする!

先程も触れましたが、

専攻は今後の仕事に効いてくるものです。

現在の専攻を活かして、仕事がしたいのであれば、

是非、具体的な仕事と関連付けて回答するようにしましょう!

 

回答例

マーケティング系のゼミで、〇〇について研究しました。

その過程で、様々なマーケティング手法を用いたため、

マーケティングに関する知見は身に付いています。

 

 

専攻と全く関係ない場合は、方法論をアピールする!

専攻と仕事が全く関係ない場合は、

方法論を身につけたことをアピールしましょう!

具体的には、文系の方が統計的なアプローチを

示せると高評価になります!

 

回答例

文学系のゼミに所属して、〇〇さんの著書の研究を行いました。

そこで、私は、〇〇さんの使う繰り返しの言葉が、

読者の心に響いているのではないかと考え、

統計手法のテキストマイニングを使い、

頻繁に使われている言葉の抽出を行いました。

その結果、〇〇の傾向がつかめ、〇〇と考察できました。

 

また、ゼミに入れている方は、

上記の内容に注意していただき、

回答していただければ良いのですが、

ゼミに入れていない方は、

自分で個人的にテーマを決めて回答するようにしてください!

その場で、「ありません」と答えることは、

学業を何もしてこなかったとみなされてしまいます。

統計的な手法であれば、

2冊程度本を読めば内容を理解できますし、

テキストマイニングであれば、

無料ツールがネットに落ちています。

自分でテーマを決めて取り組むことは、

いくらでもできますので、是非、実践してみてください!

 

まとめ

専攻は今後の仕事に直接的に効いてきます。

専攻がないというのは致命傷なので、

必ず答えられる準備をするようにしましょう!

オフィシャルな専攻が無ければ、

自分で取り組んだテーマをアピールできれば

その内容で大丈夫です!

逆に、この学生は主体的に動ける人間と

プラスに捉えられることもあります!

是非、上記を参考に答えていただければと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です