就活で奨学金はアピールポイントになるか?奨学金を借りる際に考えておくべきこと!

就活の自己PRとして、

奨学金をアピールする人がいますが、

本当にそれで良いのでしょうか?

優秀学生に与えられる奨学金ですら、

あなたを演出するポイントとしては、

あまり有効とは言えません。

これから、

奨学金が皆さんに与える影響をお話した後、

就活で奨学金がアピールポイントになるか

ご説明したいと思います。

Sponsored Links

奨学金のプレッシャー!

奨学金は「借金」です!

学生時代に実感はないと思いますが、

卒業と同時に数百万の借金を持つのが、

この制度の実態です。

この事実と向き合えている人は、

案外少ないので、

先ずは、私の事例を少しお話したいと思います。

奨学金のプレッシャーを、

痛感したのが、就活の始まりでした。

私は、私立大学で実家通学、

無利子(1種)で合計300万円を借りました。

月々のイメージが具体的にできていなかったので、

総額を見て驚くのと同時に、

返済期間の長さに愕然としました。

当時は、就職氷河期でしたので、

就職できないことによって、

返済ができなくなることが、

当時の一番のプレッシャーでした。

また、求人情報を見ても、

大企業の学卒の初任給は21万円程度です。

一人暮らしで、都内で生活となると、

あまり良い暮らしはできないなと思い、

節約生活が始まると感じました。

おそらく、これから就活を行う学生は、

私と同様のプレッシャーを感じると思います。

このプレッシャーに打ち勝ってこそ、

内定が見えてきますので、

精神論にはなりますが、

是非、頑張ってくださいね!

Sponsored Links

就活で奨学金はアピールポイントになるか?

先ず、奨学金の有無は、

就活において、あまり影響がありません。

なぜなら、企業側は、

奨学金を借りている学生かどうかを

判断できませんし、奨学金の話に、

面接中なることはありません。

就活で、奨学金のようなプライベートなことを

聞くことは禁止されているからです。

その上で、

奨学金がアピールポイントになるかですが、

答えは「NO」です!

奨学金は就活のアピールポイントにはなりません。

理由は、

奨学金は勉強ができることの証明にしかならないからです。

面接官にとっては、

単に物覚えが良いという程度です。

更に、

勉強以外のアピールポイントが無い学生

と捉えられてしまいます。

奨学金を自己PRとして、

一点突破しようと考えている学生は、

考え直すことをおすすめします!

皆さんには、

他にもアピールできる要素は

たくさんあるはずです!

やはり、奨学金をアピールポイントとして

お話することはリスクがありますので、

気を付けてください!

まとめ

奨学金は就活において影響はありません。

影響があるとすると、

皆さんがプレッシャーを感じる程度ですので、

プレッシャーを力に変えて、頑張っていただきたいです。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です