就活を「辛い、嫌だ、やめたい、逃げたい」と感じた方へ!内定後の未来をお話しましょう!

このページに辿り着いた人は、

たった今、就活に挫折した人だと思います。

「おめでとうございます!」

不快な思いをさせたら、すみません。

しかし、

味のある人生に突入したということで、

敬意を表させていただきました。

これから、皆さんに、

就職後の未来を知っていただき、

今後、どこへ向かうべきか、

真剣に考えていただきたいと思います。

Sponsored Links

その感情はどこから?

就活が辛い、嫌だ、辞めたい、逃げたい・・・」

その感情はどこから生まれましたか?

おそらく、

以下のいずれかが原因で生じたと思います。

思い通りにならない。。

就職活動は、「運」の要素が強いですが、

・選考に落ち続けた。

・選考に進む権利がない。

・周囲が先に内定を獲得した。

・欲しい企業の内定がない。

・面接で上手く話せない。

・内定が全くない・・・・

などを経験して、

自分の思い描く未来が叶えられていないことで、

挫折感情を抱くことになったということです。

就活は運の要素が強いと知っているにも関わらず、

あまりにも厳しすぎる結果に絶望したのだと思います。

 やりたいことがない。。

節目に迫られて、

何の目的を持たないまま、

就職活動を始めたが、

そもそもやりたいことがないので、

就活に本気で集中できないことから、

投げやりな気持ちを抱いてしまったということです。

こだわりなく就活をしていても、

数々の選考で落ち続ければ、

誰からも必要とされないと感じ、

就活に絶望感を持ったのだと思います。

大丈夫です!

私は、そんな感情を抱けた人は、

苦労せず就活を終えた人や、

逃げて何もしなかった人と比較して、

今後に活きてくる有意義な経験ができた人だと思います。

何の壁にぶつからない人生ほど、

つまらない人生はありません!

また、成功する人は、何かしらの

コンプレックスや挫折経験を必ず持っています。

そのため、悲観的になることなく、

良い経験ができて幸せだと思っていただきたいです。

Sponsored Links

何故、就職しなければいけない?

上記で、挫折感情の素晴らしさをお話しましたが、

実際は、生活という現実が待ちうけることになります。

これから、現実的な視点で、

就職することについてお話します!

就職のメリット!

とても卑しい話になりますが、

人間は社会的な生き物です。

誰とも関わらず、

一生を終えることは難しいので、

以下のような要素を持っていることは、

生きていくために有効に働きます。

社会的信用

「信用」は、社会生活を営む上で、

重要な要素となっています。

具体的な例では、個人事業主は、

ローンを組むこと、クレジットカードを持つこと

など、恩恵を受けられないことがあります。

大企業でも潰れる世の中にも関わらず、

信用度が低いと捉えられるということです。

また、大企業と中小企業でも、信用は異なります。

大企業の方が優遇されることが多々あります。

農業、工業、IOTと時代が移っているにも関わらず、

やはり、ビジネスパーソンは、

現時点では、社会的信用が高いとされます。

 

安定した収入

日本の企業で勤めるということは、

何もしなくても、いるだけで、

安定した収入を得られるということです。

言葉が過激に捉えられると思いますが、

企業勤めでない人は、

自分で何かを生み出さない限り、

収入を得ることはできません。

しかし、企業勤めの方は、

誰かが創造してくれていれば、

一定の金銭が保証されるということです。

 

社会保険料

学生にはイメージができていないと思いますが、

サラリーマンは、健康保険料、厚生年金保険料、

介護保険料を半額企業に負担してもらえます。

更に、年金が今後もらえるか怪しいですが、

企業勤めは国民年金より、

少しだけ多く年金を受給することができます。

個人事業主の友人は、

社会保険料が高すぎると嘆いていましたので、

このメリットは大変大きいと言えます。

デメリット!

意義のある人生を生きるという意味で、

以下の内容がデメリットとなります。

時間の自由がない

当たり前ですが、

所定時間という概念が存在します。

9:00~18:00迄という時間、

労働をしないといけないということです。

言い換えると、

1日の1/3を会社のために使えということです。

 

場所の自由がない

インターネットが普及して、

どこでも働ける時代に変化しましたが、

未だ、

会社に出社して働くという文化が残っています。

通勤時間を考慮すると、

1日の1.2~3/3を会社のために使うことになります。

 

人間関係に左右される

協働がサラリーマンの前提です。

どんなに嫌いな人とでも、

一緒に働いていかなければなりません。

愚痴や文句、いじめなど、

当たり前のようにあります。

人と働くということは、

必ず何かしらのストレスを持つことになります。

 

就職することについて、

数々のメリットとデメリットをお話しましたが、

実際の人生を決めるのはあなた自身です!

伺います!

あなたはどう生きたいですか?

 

就活の考え方!

就職をまた考え直した皆さんへ、

私が考える就活の考え方を、

ご紹介したいと思います。

是非、参考にしていただければと思います!

就活マインドチェンジ!

就活を挫折した人の多くが、

就職するために、

会社の求める人材に、

自分を合わせる方法で、

就職活動をしていたと思います。

しかし、それでは、

自分と企業の求める人物像に乖離があった場合、

苦しくなって、悩むことになります。

そうならないために、皆さんには、

「今の自分で勝つ」

意識を持っていただきたいです!

今の持っているもので、

どうやって就職活動を乗り切るかを、

戦略的に戦術的に考え続けて欲しいのです。

当時の私は、本当に何もなく、

いつも誰かに助けられてばかりでした。

就職活動では、

誰かに助けてもらいながら、

徐々に成長してきたこと、

誰かの力を借りることになるが、

徐々に貢献していきたいことを、

前面に押しだして、内定をいただきました。

重要なのは、

自分が変わることではなく、

今の自分で勝つために、考え抜くことです。

是非、実践していただきたいと思います!

まとめ

長々と、お話しまたが、

重要なのは、皆さんがどうしたいかです!

覚悟を持って始めれば、それが道になります!

是非、とことん考えていただき、

答えを出してみてください。

その考えた経験含めて、

皆さんにとって、意味のあることは間違いありません!

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です