面接で「大学を選んだ理由」と学んだことを聞かれた際の答え方と回答例!

面接で聞かれることが多い、

大学を選んだ理由!

あなたの興味関心を知るために聞かれます。

勘違い学生は、

「受験でそこしか受からなかった」と

答えるかもしれませんが、それはNGです。

必ず理由付けをして回答するようにしましょう!

これから、

「面接で大学を選んだ理由」、

「学んだことを聞かれた際の答え方」をご紹介します。

Sponsored Links

何故、大学を選んだ理由が聞かれるのか?

大学で学んだことなんて、

仕事では無意味と良く言われますが、

何故、企業は進学理由を聞くのでしょうか?

それは、以下の2点を確かめるためです。

大学時代に目的を持って何を学んだか!

大学は専門的な学問を学ぶ場です。

実情は別として、そうした主な場で、

目的意識なく4年間を過ごすことは浪費です。

入り口から何かしらの目標を持って、

大学、学部、学科を決めて、

大学生活を有意義なものとして過ごしたかを確かめたいのです!

学生時代に学業に取り組んだか!

学業が主な大学で、

学部、学科、専攻のことを説明できないようでは、

何も学んできていないとみなされます。

大学を遊びだけで終えてしまった学生を、

企業は積極的に採用したいとは思いません。

ポテンシャルを見て採用を決めると言われますが、

最低限のレベルが身に付いた上での、

ポテンシャル採用なことを頭の片隅においていただきたいです!

Sponsored Links

大学を選んだ理由の答え方!

選択理由を聞かれた際は、

以下2点のことを注意する必要があります。

一貫性を持たせる!

選択の軸がブレブレの場合、

企業は楽な選択をしてきたのだと思います。

楽な単位、卒業しやすいなどの、

目的意識なく生活をしてきたとみなされます。

面接官が流れを意識できるような、

ゴールイメージありきの答えをする必要があります。

一見つながりが無くても大丈夫!

上記で、一貫性が重要と言いましたが、

共通点、流れを、根拠を持って示せれば、

バラバラな選択となっていようが大丈夫です!

例えば、物理学科の学生が、

ゼミでは経営史などを専攻した場合、

物理の研究結果が、

実世界でどのような影響を与えているか知りたいからです。

などと回答できれば、問題はないということです。

つまり、理由付けをしっかり行っていただきたいのです!

大学で学んだことを聞かれた際の答え方!

大学、学部、学科の内容を聞かれた場合には、

専門的な内容でもしっかり相手に理解させる必要があります。

そのため、以下の2点に注意していただければと思います。

端的に誰でも理解できる内容で説明する!

専門用語はなくして、

誰にでも分かるように説明する必要があります。

なぜなら、面接官全員が専門用語を知っている訳ではないからです。

つまり、皆さんはかみ砕いて説明できるだけ、

自分のやってきたことを理解しておく必要があります。

自分で分かる状況から、

相手に分からせるレベルまで到達するように、

必ず事前準備は怠らないようにしてください!

身近な例題を活用して説明する!

説明する際の補足になりますが、

誰にでも分かる例え話を活用することで、

受け手がイメージしやすくなります。

是非、身近な例題を活用して説明してみましょう!

大学を選んだ理由と学んだことの回答例!

私が○○大学を選択した理由は、

組織論の視点で経営を学びたいと考えたからです。

経営を学ぶには、

経理や財務などの数字が大切と言われますが、

企業を形成しているのは、

やはり「人」であるという想いがあり、

大学では組織の中の「人」を研究したいと考え、

組織論専門教授が在籍する○○に進学しました。

また、大学で学んだことですが、

経営に関する数字、法律など全体像を幅広く受講しただけでなく、

ゼミナールでは「組織論」を選択して、

人を第一に考える経営管理を学んできました。

まとめ

大学選択の質問は、

あなたの学生生活の学業への取り組みを示すものです。

仮に、遊んでしまって何も残っていない人は、

面接前でも構いませんので、

是非、概要は説明できるレベルで詰め込みましょう!

一番大切なことは、

大学生活に学業に真剣に取り組んだことを示すことです。

遊んだ4年間と捉えられないように注意して、

質問に答えるようにしていただければと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です