面接で「アルバイト経験で学んだこと、得たもの、頑張ったこと」への答え方と回答例!

面接で、アルバイト経験について、

聞かれることはあります。

また、学生時代に頑張った経験として、

自己PRとしてお話する方もいると思いますので、

準備をしっかり行い、差別化できるようにしましょう!

これから、

「アルバイト経験で学んだこと」

「アルバイト経験で得たもの」

「アルバイト経験で頑張ったこと」の質問の意図、

答え方と回答例をご紹介したいと思います。

Sponsored Links

質問の意図は!?

皆さんは、何故、

アルバイト経験について、質問されると思いますか?

アルバイト経験と社会人経験は、

一見すると、関係があるように思われますが、

経験の有無が合否に影響することはありません。

では、

何故、この質問がされるかと言うと、

企業は以下のことを、

確かめたいと思っているからです。

学業以外の取り組みを知りたい!

学生の主業は、学業です。

様々な知識を身につけ、学び、

自分の血肉にすることが求められます。

しかし、今後の社会生活では、

知識も大切ですが、コミュニケーション能力、

対人能力、調整能力など、様々な能力が求められます。

そんな社会で必要になる能力が、

身に付いているかどうかを、

企業は確認したいと考えています。

そのため、学業以外の取り組みを確認するために、

有効な質問として、アルバイト経験を伺います。

アルバイトで得たスキルを確認したい!

アルバイト経験をした方は、

活動中に、何かしらの能力を発揮し、

何かしらのスキルを得たと思います。

例えば、シフトリーダーとして、

メンバーを率いることや、

家庭教師の教材を工夫することなど、

様々な能力を発揮し、

アルバイトをしたと思います。

その内容は、今後、

ビジネスパーソンを育てる上で、

参考になる情報になるため、

企業は重要だと考えています。

そのため、入社後の育成を考える上で、

有効な質問と、企業に捉えられています。

Sponsored Links

質問の答え方!

「頑張ったこと」⇒「学び、得たこと」の流れで、

答えることになりますが、

事実を淡白にお話しても、面接官には響きません。

以下、注意点を、2点ご紹介します。

課題を解決したエピソード!

「頑張ったこと」=「取り組んだこと」では、

エピソードとしては、弱いです。

頑張ったことは、何かに取り組んだ際の、

課題、問題を解決したエピソードにしましょう!

理由は、企業は、単なる取り組みより、

ストレッチ経験のお話を好むからです。

志望企業で活かせる内容をPR!

「学び、得たこと」は、単なる活動を通じて、

学び、得たことでは、回答として弱いです。

この内容を活かして働きたいという、

メッセージを含めた内容にしましょう!

「学び、得たこと」=「企業で活かせる能力」は、

必ず意識するようにしてください!

理由は、企業で活かせない内容をお話されても、

「だから、何?」ということになるからです。

質問の回答例!

回答例を紹介しますので、

参考にしていただけばと思います。

私は、飲食店のアルバイトを、

大学2年生から行っています。

現在は、シフトリーダーに任命され、

ホール、キッチンを仕切っています。

その中で、私が頑張ったことは、

チームワークをいかにして良くするかです。

アルバイトの性質上、

全員の目的、意欲はバラバラでした。

真面目な人が、

意欲の低い人を注意するなど、

あまり全体の雰囲気が良くない状況でした。

そこで私は、

全体のサービスにも悪い影響がでると思いましたので、

しっかり会話をさせる機会を設けました。

理由は、お互いの事情を知れば、

少しでも分かり合えると思ったからです。

その結果、

少しずつですが、全体の意識は変化していき、

強い衝突は少なくなりました。

この経験から、対話の大切さを学び得ました。

御社では、対話を重視して、何事も取り組むことで、

○○に貢献していきたいと思っております。

まとめ

アルバイト経験について、

しっかり回答できることは、

就活において、プラスに作用します!

是非、答え方のポイントなどを

参考にしていただき、

適切に回答していただければと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です