面接練習は無駄なのか!?準備した場合と対策しない場合の内定可能性!

面接練習を無駄と捉えるか、

意味があることだと捉えるか、

人それぞれだと思います。

しかし、

本当に行きたい企業に、

何の対策もなく挑むのは得策でしょうか?

これから、

面接練習は無駄なのか?

「面接練習と内定可能性」について、

ご説明したいと思います。

Sponsored Links

面接練習は無駄なのか?

皆さんは、面接練習を無駄だと思いますか?

社会人に就活相談すると、

「面接練習はしていない、必要ない」と、

言われることが多いと思います。

しかし、実際は、

面接練習はしていないかもしれませんが、

多くの企業を受け、面接をこなすことで、

実質的に面接レベルを上げていたことが、

ほとんどだと思います。

つまり、意識しないで、

本試験の面接が、面接練習となっていたことになります。

そんな面接練習についてですが、

個人的には、

「無駄ではないが、ロボットになると危険!」

と思います。

先ず、無駄ではないという理由は、

面接練習をしないと大まかな流れを体感できません。

全体像を見ないまま、戦いに挑む勝算は、

皆さん、ご存知だと思います。

できるだけ、不確実な要素を減らして、

自分のペースで会話ができるかが、

面接においては大切になりますので、

その点は無駄ではないと言えます。

次に、ロボットになると危険という理由は、

面接はあくまで、「会話」であるからです。

あなたの好きなことは何ですか?と聞かれ、

私の好きなことは・・・・・・・・。

理由は・・・・・・・・・・・・・。

この経験は・・・・・・・・・・・。

というようなロボット返答になってしまうと、

あなたらしさも見えてきませんし、

定型文で答えられても、想いがのってきません。

文章で表現するのは難しいですが、

私の好きなことは⤴⤴⤴⤴です。

理由は⤴⤴⤴⤴。

というような原稿を読む意識ではなく、

面接は会話の延長上にあることを注意して、

面接をする必要があります。

Sponsored Links

面接練習をした場合の内定可能性!

面接練習と内定可能性の相関は、

ないように感じられますが、

私の経験則で恐縮ですが、

以下のようなことが言えましたので、

ご紹介したいと思います。

面接練習を10回以上した場合

面接に慣れすぎてしまい、

ロボット回答になる可能性が高いです。

企業はあなたらしさを見たいと考えていますので、

原稿回答になっている場合は、

内定を貰える可能性は低くなります。

会話をしっかり意識するようにしましょう!

面接練習を3回程度した場合

面接に慣れすぎず、

原稿回答になってはいない丁度よい状態です。

過去の質問で、どこが足りていないかを指摘され、

対策も練れており、適度な緊張感もあることから、

このタイミングで、

第一志望の面接に挑めると良いと思います。

後の内定は相性次第になると思います。

面接練習を1回した場合

初回の面接は緊張だけで終わってしまいます。

緊張で何を話したか、

何を聞かれたか覚えていないものです。

回答の精度の面で、未だ経験不足な状態ですので、

第一志望に挑むことは危険です。

初回はどうしても、

全体像を把握する性質が強いので、

未だ練習不足感が残ることになります。

面接練習をしていない場合

面接練習をしていない場合、

大まかな流れ、全体像を把握できていませんので、

あなたの力が100%でるとは思えません。

また、マナーや部屋の入り方など余計なことが、

初回なので頭をよぎると思います。

やはり、この状態では、内定から遠いので、

第一志望に挑むことは危険ですし、

面接練習は必ず行っていただきたいと思います。

面接練習の方法!

前述で、面接練習の大切さをご紹介しましたが、

以下、実際の面接練習方法をご紹介します。

面接の練習回数と練習方法!一人で想定質問の対策をして、その後は!?

まとめ

面接練習を無意味だと聞いて、

何もしないことは危険です。

人は人ですので、

やはり、対策をできる時間があるなら、

面接練習はするべきです。

練習をせず、落ちて、

やらない後悔はなくすようにしましょう!

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です