面接と「運」の関係!あなたは運がいい方ですか?実力はどれくらい影響する?

面接は「運ゲー」です。

運が良ければ受かりますし、

運が悪ければ落ちます!

運の要素が強いにも関わらず、

内定を貰えなかったからといって、

社会から必要とされていないと悩み、

落ち込んでしまう人が多いです。

これから、

面接と運の関係性」、

「実力はどの程度影響するか?」、

「面接は運次第であること」について、

お話したいと思います。

Sponsored Links

面接と「運」の関係!?

皆さんは、運がいい方ですか?

おそらく、大抵の方が、

運は悪い方と答えると思います。

なぜなら、人の記憶は、

良いことより、悪かったことの方が、

鮮明に残る傾向があるからです。

身近な例であれば、

恋人と付き合えた感動より、

別れ際の嫌な記憶の方が、

鮮明に残っているのではないでしょうか?

そのため、嫌な記憶が呼び覚まされて、

私は運が悪いと思ってしまうでしょう!

しかし、

私からのアドバイスとしては、

少しでも、「私は運が良い人」だと、

思っていただきたいのです。

そこに、根拠は無くて大丈夫です!

なぜなら、

やはり、下向き人材を企業は採用しませんし、

前向きで明るい人材が求められます。

気持ち次第で、

結果が良くなるケースはたくさんあります!

是非、先ずはその意識を持ってください。

 

さて、本題に入りますが、

面接が運次第になってしまう理由は、

「選考を人が行っている」からです。

選考は公平に行えと教育したところで、

面接官は、無意識化で、

自分の持ったバイアスに従います。

優秀な人材だが、一緒に働きたいと思えないから、

内定をださないことは頻繁に起こります。

そんな人が行う評価なので、

いい加減なのは、前提として捉えておきましょう!

以下で、具体的な例についてご説明します。

「面接」と「天気」!

「天気も影響するのか?」と思うかもしれません。

しかし、天気は、人の心理状態に影響を与えます。

曇った日に気持ちが浮かばれないことや、

雨の日に不快な気持ちになっていることが、

皆さんがあると思いますが、

そんな心理状態が、やはり面接にも影響します。

不快な気持ちが少しでもあると、

ベストコンディションとは言えませんし、

気付いていないこともあるかもしれませんが、

何かしら無意識化で影響することになります。

「面接」と「面接官」!

面接官は、最も運の要素が強いです。

面接官は通常、複数人いますので、

どの面接官と、どのタイミングで、

面接が行われるかで、

選考に大きな影響はでてきます。

例えば、プロセスまで考慮してくれる面接官と、

パフォーマンスしか考慮しない面接官では、

一度、不自然な回答をしただけでも、

後者の面接官だと不採用の可能性は高いです。

また、直前の仕事でミスをしていることや、

怒らている状態で、面接に来た面接官だと、

集中しているようで、集中できていないことが多いです。

そういう点で、候補者に、面接官は選べませんし、

良い面接官でも、直前の仕事に影響されることから、

面接は運次第と言えることになります。

Sponsored Links

実力はどれくらい影響するのか?

先述から、面接は運次第とお話していますが、

勿論、最低レベルの実力は必要です。

ただし、実力と言っても、

面接の場合、最低限の準備ということになります。

面接官の質問に、

意図を汲み取って、簡潔に的確に、

答えることは求められます。

その回答内容、答え方が、

一種の実力として影響します。

過去の栄光、学生時代での成果は、

面接で重視されることはありません。

なぜなら、新卒はポテンシャル採用だからです。

人間性、地頭の良さを総じて評価し、

採用を決定するからです。

そのため、今自分に何もないと思っていても、

それは全く気にすることはありません。

重要なのは、自分が今後どうありたいか、

何を成し遂げたいか、それをするために、

どれだけ本気でできるかを示すことさえ、

できればいいのです。

面接は「運ゲー」!

先程から、就活は運次第とお話していますが、

様々な要因が、制御できない範囲で交差するため、

本当に、面接は、「運ゲー」です。

そんな状況であるにも関わらず、

数社落ちた程度で、本当に落ち込み人が多いです。

確かに落ち込むことは良いことですが、

引きずりすぎて、次に動くけなくなることは問題です。

最低限の準備をしていない人は、

運以前の問題ですが、準備をした方々は、

あなたが悪い訳ではありません!

あなたを採用しない企業が、

センスがないと思い、次を考えましょう!

以下、リカバリー方法をご紹介したいと思います。

行きたい企業を受けまくる!

先ずは、質より量を重視してください。

いずれかの中から、きっと内定がもらえ、

そこが運命の企業となるはずです。

行きたい企業が無くなった場合の対応!

留年し、留学をする!

来年の就活で、再度挑戦をします!

一年間は海外で学んでいましたということで、

企業が求めるグローバル人材としてアピールしましょう!

大学院への進学!

大学院卒業の資格を得て、再度挑戦します!

大学院で学部卒以上の専門性を身につけましょう!

注意点は、理系の場合は院卒になることで、

論理的な思考等が更に厳しく見られますので、

実力をしっかりつける必要があります。

また、文系の場合、割高意識を持たれるため、

自分のウリを更に明確にする必要があります。

起業!

既存の企業があなたの良さや、

やりたいことを実現させてくれないのであれば、

自分の会社を作ってしまいましょう!

個人事業主なら、すぐになれますよ!

公務員受験!

勉強さえしっかりできれば、

道が開ける可能性が高いのが公務員です。

民間よりは、採用基準が見えやすく、

民間がだめなら、チャレンジしてみると良いと思います。

まとめ

面接は「運ゲー」です。

一度、落とされたくらいでへこたれないようにしましょう!

あなたは何も悪くありません。

あなたを必要としてくれる場所は絶対にありますよ!

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です