面接で「リーダーシップ経験」を聞かれた際の答え方と回答例!リーダーシップのタイプとは!?

企業の永遠の課題として、

「リーダーシップ開発」というテーマがあります。

どんな社員にも、

リーダーシップを発揮してもらい

生産性の向上をさせることが狙いです。

そのため、面接においては、

リーダーシップに関する質問をされることは多いです。

これから、

「リーダーシップ経験とは何か?」、

リーダーシップ経験を聞かれた際の答え方」、

「リーダーシップ経験を聞かれた際の回答例文」を

ご紹介したいと思います。

Sponsored Links

リーダーシップ経験とは?

皆さんには、

リーダーシップを発揮した経験がありますか?

多くの方々が、

リーダーに任命されたこともなく、

ジョブズのような敏腕リーダー経験などもなく、

「リーダーシップ経験はありません」と、

答えると思います。

しかし、その考えは誤解です!

リーダーシップ経験とは、

凄いことを成し遂げた経験ではないからです!

先ずは、

リーダーシップの考え方を、以下でご紹介します!

ポジションではなく、影響力!

「リーダーシップを発揮した経験がない」

と答える人の多くは、

リーダーシップをポジションと判断しています。

ボランティアサークルの代表、

サッカー部の主将など、

リーダーは肩書ではありません!

リーダーシップ経験とは、皆さんが、

周囲を巻き込んで課題解決をしたことです!

つまり、肩書ではなく役割のことを言います。

特に、その経験には、

積極的なメンバーとのコミュニケーションがあり、

周囲を巻き込みながら、課題に取り組んでいった

プロセスがあります。

そのプロセスこそがリーダーシップとなります。

そのようなことを考えると、

先程、リーダーシップ経験がないと答えた人も、

誰でもリーダーシップ経験は積んでいるはずです!

先ずは、是非、

「誰でもリーダーシップを発揮できる」意識を、

持っていただければと思います!

Sponsored Links

質問の意図とは?

皆さんは、何故、

「リーダーシップ経験」が聞かれると思いますか?

自慢できるような成果を出した

リーダーシップ経験はありませんと思うかもしれません!

しかし、成果は全く関係ないのです!

以下が、理由となります。

リーダーシップのタイプを知りたい!

先程、リーダーシップ経験は、

周囲を巻き込んだ課題解決経験とお話しましたが、

周囲の巻き込み方で、

あなたのリーダータイプは確認できます。

業務遂行型リーダーシップの体型となりますが、

代表的なのが、

「指示型タイプ」達成方法を具体的に指導する。

「支援型タイプ」メンバーを気遣う。

「参画型タイプ」計画段階から参加させる。

「変革型タイプ」カリスマ性を発揮する。

となります。

課題を解決する段階で、

様々なタイプのリーダーシップを

発揮したと思いますが、

重きは人によって異なります。

皆さん、無意識になりますが、

人は一度有効だった方法論を

再度再現する傾向があるため、

この内容を確認することは、

入社してからのリーダータイプにも影響します。

面接官は、

リーダータイプを確認する上で、

この質問を有効と捉えています。

周囲との「協調性」を知りたい!

リーダーシップ経験で重要なのが、

周囲との協調性になります。

協調性のないリーダーでは、

メンバーを纏めることはできませんし、

一時、仮に纏めることができていても、

いずれチームは崩壊することになります。

独裁や圧制の終焉は、

反乱や崩壊と決まっているからです。

そうならないためにも、

メンバーとのコミュニケーションを

積極的に行っているかどうか、

メンバーの意見をどう汲み取ったかなどを、

面接官は知りたいと思っています。

面接官は、

協調性を確認する上で、

この質問を有効と捉えています。

問題解決力を知りたい!

リーダーシップ経験で、

問題解決力を見ることができます。

どんな課題を、どんな方法で解決するために、

リーダーシップを発揮したかを見れば、

皆さんの課題解決力をはかることができます。

また、その際の選択した内容で、

どんな人間なのかを見ることもできます。

面接官は、

課題解決力を確認する上で、

この質問を有効と捉えています。

リーダーシップ経験の答え方!

リーダーシップ経験を答えるには、

回答内容、回答法が重要になってきます。

以下で、注意点をご紹介します。

周囲を巻き込んだ問題解決経験!

先程から触れていますが、

リーダーシップ経験は、

「周囲を巻き込んだ問題解決経験」を

お話するようにしましょう!

勿論、ポジションがある人は、

それを付随して答えていただきたいのですが、

ポジションがない人は、

どんなに小さなことでも構いませんので、

周囲を巻き込んだ問題解決経験を、

お話してください。

内容の大小は関係ありません!

結果よりもプロセスを重視!

どうしてもリーダーシップ経験は、

成果の大きさを意識してしまいますが、

重要なのは結果よりもプロセスです!

面接官は、

多少成し遂げたことも気にしますが、

課題をどのように捉え、

どのように考え、どんな手段をとって、

課題を解決したかを重視するからです。

なぜなら、学生が直面する課題が、

実際の社会生活では、

全く役に立たないことが多いからです。

人も違えば、環境も違う中で、

いかにして頭を柔軟にして、

物事を解決できるかが見られます。

面接では、プロセス思考を持っていただきたいです。

リーダーシップ経験の回答例!

リーダーシップを発揮した経験は、

部室の「清掃」です。

サッカー部の部室がとても汚く、

何とかしないと部内の雰囲気も

悪くなると思い取り組み始めました。

最初は、個人で掃除をすることを取り組んでいましたが、

抜本に改善しないと、解決しないと考え、

部員へのヒアリングを行って、

ゴミ箱の場所が悪いことを判明させました。

そして、ごみ箱の場所を変更し、

皆に周知し、率先してゴミの処理を行うことで、

部室の衛生を確保しました。

リーダーの役割を担うことが少ないのですが、

小さな改善でも、

リーダーシップは発揮できたことは、

嬉しかったです。

まとめ

誰もがリーダーになることを求められる時代です!

カリスマ的リーダーだけがリーダーではなく、

リーダーシップは発揮するものだと思いましょう!

分析に使うエクセルのように、

リーダーシップも課題を解決するための

「ツール」として意識づけるようにしましょう!

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です