面接で「キャリア形成」について聞かれた際の答え方と例文!キャリアの考え方とは!?

面接で「キャリア」に関する質問は多くされます。

特に、皆さんが、

どのようなキャリア感を持っているかは、

必ず聞かれると言っても、過言ではありません!

これから、

「キャリア形成について聞かれる理由」、

キャリア形成について聞かれた際の答え方」、

「キャリア形成に関する回答例文」、

「キャリアの考え方」を、

ご紹介したいと思います。

Sponsored Links

キャリアの考え方!

キャリアは自分自身でデザインするものです。

キャリアを企業に任せる時代は、

大手企業の倒産を見ていて、

皆さんも、実感しているのではないでしょうか?

以下、キャリアの考え方を紹介していますので、

ご参考に読んでいただきたいです。

【キャリアデザイン】企業に頼るな!自分のキャリアは自分で創ろう!

Sponsored Links

質問の意図!

皆さんは、何故、

キャリア形成について聞かれると思いますか?

働いたことがない皆さんでは、

キャリアをイメージすることは、

実際、難しいと思います!

そんな中、企業の意図は、以下となります。

企業研究をしたか確認したい!

皆さんがお話するキャリアが、

企業で実現できる内容かどうか、

確認したいのです!

企業は、実現できないビジョンを語られても、

「他の会社で頑張ってください」

としか言いようがありません。

仮に、雇った場合、

やりたいことができないので

辞められてしまうリスクがあります。

企業はそんなリスクを負いません。

また、キャリアが実現可能かどうかまで、

企業研究をしていることが、見られます。

実現不可能なキャリアをお話した場合、

企業研究を何もしていないと捉えられます。

この質問をすることは、

最低限の準備を確認する上で、

企業は有効だと捉えられています。

 

育成計画の参考にしたい!

企業は、個人のキャリアを参考に、

配置を検討したいと考えています。

売り手市場の中、モチベーションの維持を考えると、

人材のリテンションには、

やりたい仕事を任せることが有効だからです。

また、今後、働き方改革で、

自由な働き方が進んでいくことになります。

そういった場合、どんなスタンスを、

働くことに対して、持っているかを、

知っておくことは重要です。

この質問をすることは、人材のリテンション、

価値観を確認する上でも有効と捉えられています。

 

質問の答え方!

質問の意図と関係しますが、

質問を答える際の注意点をご紹介したいと思います。

実現可能性を考慮しよう!

皆さんが描いたキャリアが、

志望する企業で実現できるかどうかは、

必ず調べておく必要があります。

例えば、

あなたが人事でのキャリアを希望する場合、

組織開発をやりたいと主張したにも関わらず、

給与計算などのシェアード会社を受けるのでは、

本末転倒になっていますよね?

面接官も「何で来たのか?」と、思いますよね!

必ず企業研究を行い、

そんな間違いがないように準備を行いましょう!

 

大胆かつ謙虚に答える!

キャリアは大胆な内容で問題ありません。

しかし、

あくまで、企業でその体験をさせていただくという

謙虚な姿勢は持つようにしてください!

何も功績を残していないのに、

自己主張だけする人間は、自己中ですよね!

権利を主張するだけでは、

企業は受け入れてくれませんので、

謙虚な姿勢は忘れないようにしましょう!

 

回答例文!

私は、人事としてのキャリアを希望しています。

具体的には、制度設計や組織開発の仕事を通じて、

企業の生産性に寄与したいと考えています。

そのためのプランとしては、

先ず、労務系の仕事に従事して、

人事の基礎を学ばせていただきたいです。

基礎が身に付いた後、

制度設計、組織人材開発の仕事へシフトしていき、

企業に貢献したいと思っています。

 

まとめ

キャリア形成は、

必ず自分自身で行うようにしましょう!

自分の未来は自分で創らないと、

納得した企業生活を送れません。

好きなことがなくても、

ある程度の方向性は持って、

就職活動を行っていただきたいです。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です