面接で「ゼミナール活動で学んだこと、得たもの、頑張ったこと」への答え方と回答例!

面接で、ゼミナール活動について、

聞かれることは多くあります。

ゼミナール活動は、就活において、

重要なウエイトが置かれています。

ゼミをしっかり行っただけで、

企業にとっては、プラスの心証となります。

これから、

「ゼミナール活動で学んだこと」

「ゼミナール活動で得たもの」

「ゼミナール活動で頑張ったこと」の質問の意図、

答え方をご紹介したいと思います。

Sponsored Links

質問の意図は!?

皆さんは、何故、

ゼミナール活動について、質問されると思いますか?

大学で学んだことは役に立たないと、

社会人になった方は言うにも関わらず、

質問で聞かれるなんて、不思議ですよね?

しかし、

この質問は、企業にとって重要で、

面接官は以下を、確かめたいと思っています。

強みを確かめたい!

ゼミナール活動での専攻は、

あなたの看板のようなものです。

あなたがどの分野に強いかを、

ゼミナールの専攻は表します。

勿論、他の分野がある中、

大学数年をゼミに注いだことは、

専攻分野での知識、視点などを、

備え持っていると捉えられます。

ゼミナール活動について、

質問することは、

あなたの得意分野を確認する上で、

企業は、とても重要だと捉えています。

 

配置を考えたい!

ゼミナール活動の専攻内容は、

初期配置に、欠かせない情報です。

大学時代に化学を専攻していた人に、

営業を任せるのは、勿体ないですよね!

企業は、適材適所を実現したいと考えています。

適材適所の実現には、やはり、

ゼミナール活動での取り組みや、

そこで得た知識は参考になります。

ゼミナール活動について、

質問することは、

あなたの初期配属を考える上で、

企業は、とても重要だと捉えています。

Sponsored Links

質問の答え方!

「頑張ったこと」⇒「学び、得たこと」の流れで、

答えることになりますが、

事実を淡白にお話しても、面接官には響きません。

以下、注意点を、2点ご紹介します。

課題を解決したエピソード!

「頑張ったこと」=「取り組んだこと」では、

エピソードとしては、弱いです。

頑張ったことは、何かに取り組んだ際の、

課題、問題を解決したエピソードにしましょう!

理由は、企業は、単なる取り組みより、

ストレッチ経験のお話を好むからです。

志望企業で活かせる内容をPR!

「学び、得たこと」は、単なる活動を通じて、

学び、得たことでは、回答として弱いです。

この内容を活かして働きたいという、

メッセージを含めた内容にしましょう!

「学び、得たこと」=「企業で活かせる能力」は、

必ず意識するようにしてください!

理由は、企業で活かせない内容をお話されても、

「だから、何?」ということになるからです。

 

まとめ

ゼミナール活動について、

しっかり回答できることは、

就活において、プラスに作用します!

是非、答え方のポイントなどを

参考にしていただき、

適切に回答していただければと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です