面接で「部活動で学んだこと、得たもの、頑張ったこと」への答え方と回答例!

面接で、部活動について、

聞かれることは多くあります。

就活において、部活動に加入していることは、

プラスポイントになるため、

適切な回答ができるよう、

私のお話を参考にしていただければと思います。

これから、

「部活動で学んだこと」

「部活動で得たもの」

「部活動で頑張ったこと」の質問の意図、

答え方と回答例をご紹介したいと思います。

Sponsored Links

質問の意図は!?

皆さんは、何故、

部活動について、質問がされると思いますか?

企業は体育会系を好む傾向があると聞きますが、

体育会系かどうかを確かめるだけなら、

履歴書とエントリーシートを見れば、

分かる内容になっているはずです。

質問を通して確認したい理由は、以下となります。

学業以外の実績を知りたい!

学生の主業は、学業です。

様々な知識を身につけ、学び、

自分の血肉にすることが求められます。

しかし、今後の社会生活では、

知識も大切ですが、コミュニケーション能力、

対人能力、調整能力など、様々な能力が求められます。

そんな社会で必要になる能力が、

身に付いているかどうかを、

企業は確認したいと考えています。

そのため、学業以外の実績を確認するために、

有効な質問と、企業に捉えられています。

 

強み、弱みを把握しておきたい!

部活動に取り組んだ方は、

活動中に、何かしらの能力を発揮したはずです。

例えば、部長として、メンバーを率いることや、

副部長として、部長をフォローすることなど、

自分では気づかないうちに、

能力を発揮したと思います。

そんな内容は、今後、

ビジネスパーソンを育てる上で、

参考になる情報になるため、

企業は重要だと考えています。

そのため、入社後の育成を考える上で、

有効な質問と、企業に捉えられています。

Sponsored Links

質問の答え方!

「頑張ったこと」⇒「学び、得たこと」の流れで、

答えることになりますが、

事実を淡白にお話しても、面接官には響きません。

以下、注意点を、2点ご紹介します。

課題を解決したエピソード!

「頑張ったこと」=「取り組んだこと」では、

エピソードとしては、弱いです。

頑張ったことは、何かに取り組んだ際の、

課題、問題を解決したエピソードにしましょう!

理由は、企業は、単なる取り組みより、

ストレッチ経験のお話を好むからです。

 

志望企業で活かせる内容をPR!

「学び、得たこと」は、単なる活動を通じて、

学び、得たことでは、回答として弱いです。

この内容を活かして働きたいという、

メッセージを含めた内容にしましょう!

「学び、得たこと」=「企業で活かせる能力」は、

必ず意識するようにしてください!

理由は、企業で活かせない内容をお話されても、

「だから、何?」ということになるからです。

 

質問の回答例!

回答例を紹介しますので、

参考にしていただけばと思います。

私は、剣道部に所属しています。

剣道部では、週3回の稽古に加え、

毎月1回、大会に出場していました。

その中で、私が頑張ったことは、

チームワークをいかにして良くするかです。

剣道競技の性質上、部員の意識は、

個人の成長に焦点が当てられ、

チームの雰囲気が良くありませんでした。

衝突が多く、稽古に集中できる

環境ではありませんでした。

そこで私は、

目標を「後輩の育成」として定めることで、

少しずつですが、部員の意識を変化させました。

この経験から、目標設定の大切さを学び得ました。

御社では、目標を持って、何事も取り組むことで、

○○に貢献していきたいと思っております。

まとめ

部活動について、

しっかり回答できることは、

就活において、プラスに作用します!

是非、答え方のポイントなどを

参考にしていただき、

適切に回答していただければと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です