面接で「サークル、部活動に入らなかった理由」を聞かれた際の答え方!

最近、サークルや部活動に所属しない学生が、

多くなっていると思われます。

特に、理系の学生であれば、

研究がメインになってしまい、

サークルなどに所属している暇はなく、

結果的に、未加入となっている人も

多いのではないでしょうか!?

これから、

「面接で、この質問がされる意図」、

面接でサークル、部活動に入らなかった理由

を聞かれた際の答え方」を、ご紹介したいと思います。

Sponsored Links

質問の意図とは!?

皆さんは、何故、

面接でサークル、部活動に入らなかった理由が

聞かれると思いますか?

加入できなかったのだから、

仕方ないと本音では思いますよね?

また、加入できなかった人は、

それだけで、採用されないのではないかと

恐れてしまいますよね!

この質問の意図は以下となります。

学業以外に取り組んだことを知りたい!

人間性を確認するためには、

やはり、勉強以外の活動について聞く必要があります。

大抵の学生は、サークルや部活動が、

勉強以外に取り組んだこととなります。

そんな中、加入していない学生は、

何を、学生時代にしてきたのかを確認できません。

そのため、この質問をすることで、

他に取り組んでいたことを引き出そうとしているのです。

 

純粋に、あなたの価値観を確かめたい!

サークル、部活動に加入しなかった理由は、

必ず、何かしらあるはずです。

「面倒くさい」「時間がない」など、

人によって、選択をしなかった理由は、

様々だと思いますので、

その内容を確認することで、

あなたの価値観を把握したいと思っています。

やはり、価値観が共有できるかどうかは、

採用基準においては、とても大切です!

Sponsored Links

「入らなかった理由」の答え方!

決して、加入できなかったからといって、

悲観することは全くありません。

とは言っても、以下の答え方には、

注意していただきたいと思っています。

加入できなかったことは悪いことではない!

皆さんが、一番気になっているのは、

「加入できていないがために、

採用されないのではないか」と、

感じることだと、思います。

サークル、部活動に参加しているかどうかは、

選考に、さほど関係がありません。

勿論、タフさと最高のイエスマンを重視し、

体育会系の部活動出身を採用する企業はありますが、

加入の有無で落とすほど、企業もバカではありません。

重要なのは、加入できなかった理由を明確に示すことです!

 

加入できなかったか理由を、明確に答える!

加入できなかった理由が、

「ありません」では、理由にはなっていませんよね?

重要なのは、加入できなかった理由を、

明確に示すことです。

つまり、加入できなかったのは、

他に取り組むべきことがあったからと

お話することになります。

学生時代に何もしていないと思われるのが、

一番ダメなことになります。

是非、

「サークルや、部活動に加入できなかったのは、

○○の活動に熱中していたからです。」と、

答えられるように準備をしておきましょう。

 

勉強以外に取り組んだことを答える!

先述で、加入できなかった理由を答えようと

お話しましたが、私のおすすめは、

ゼミナール、研究

アルバイト

などが、無難だと思います。

おそらく、皆さんが嘘をつかないで

答えられる内容になっていると思えるからです。

また、ゼミナールなどの研究は、

グループで研究が多いと思いますので、

協働を前提とした会社で必要になる

グループ調整などが身につけられるエピソードになります。

そして、学生の本業は勉強のため、

それに関連してお話できるので、

プラスの評価につながると思います。

是非、勉強以外の内容を必ず答えるようにしましょう!

 

まとめ

サークル、部活動に加入していることは、

全然、マイナスポイントにはなりません。

悲観することなく、他に取り組んだことを

お話することで、対応をしましょう!

また、加入しなかった理由がありませんでは、

回答にはなりませんので、

必ず、事前準備は行うようにしましょう!

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です