面接で「サークル、部活動経験」を聞かれた際の答え方!嘘をついて大丈夫か!?

面接において、

「サークル、部活動経験」が聞かれることは多いです。

勉強以外で、学生が取り組むことが、

サークルや部活動になるからです。

これから、

「面接でサークル、部活動経験が聞かれる意図」、

面接でサークル、部活動経験を聞かれた際の答え方」、

「嘘の回答をしても、大丈夫なのか!?」を、

お話したいと思います。

Sponsored Links

サークル、部活動経験が聞かれる理由は?

皆さんは、何故、

面接で「サークル、部活動経験」が聞かれると思いますか?

仮に、サークルや部活動に加入していない場合、

答えることができないため、焦りますよね!

そんな方への対策は、後でお話しますので、

先ずは、この質問の意図を以下で確認してください。

勉強以外での、あなたを知りたい!

学生が、勉強以外で取り組む活動は、

サークルや部活動になると思います。

勉強では、あなたがどんな人間なのか、

理解することは難しいため、

人間性を把握する上では、

サークル、部活動について聞くことは有効です。

そのため、面接官は、

あなたを知るために、必ず聞いてきます。

 

熱中度を確かめたい!

サークルや部活動に加入して、

どんな目標を立て、どんな努力をして、

どれだけ頑張れたかを知ることで、

企業での働き方を確認したいと思っています。

何も考えず、単に続けてきた人と比べ、

やはり、目的意識を持って続けてきた人の方が、

企業は採用する傾向が高いので、

必ず、そういった視点を持つようにしましょう!

 

学んだこと、得たことを知りたい!

サークルや部活動を経験していれば、

何かを学び得て、身につけているはずです。

その内容を確認することは、

今後、会社で働いてもらう上で、

配属、キャリア育成などの、

とても重要な情報になりますので、

企業は有効な質問と捉えています。

Sponsored Links

サークル、部活動経験の答え方!

サークルや部活動経験は、

深堀される可能性が高い質問です。

そのため、以下の内容は必ず答えられるように

対策を忘れないようにしてください。

加入した「きっかけ」もお話しよう!

サークルや部活動を始めた

「きっかけ」は、何かしらあるはずです。

始めた理由は聞かれることが高いので、

過去の経験を含めた一貫性を意識した回答が

できるように準備しておきましょう!

「全く新しいことに挑戦したかったからです。」

もありですが、何故、その新しいことが、

その内容なのかまで、

答えられるようにする必要があります。

 

学び得たこと、身につけたことを含めよう!

経験を通じて、何かしら、学び得て、

身につけたことがあるはずです。

この経験から、

こんなことを学べる人間なのかという

評価に繋がりますので、様々な視点で、

サークル、部活動を捉えられた、

答えになるようにしましょう!

当たり前のことを、当たり前に学ぶのもありですが、

新たな視点を与えられる方が、面接官の目にとまりますので、

そういった内容を考えるようにしましょう!

 

加入していない場合は、代替エピソードを!

サークルや部活動に加入していない場合は、

アルバイト経験でカバーするようにしましょう!

学業に打ち込んで、課外活動に参加できていない場合は、

ゼミナール経験をお話すると良いでしょう。

「何もありません状態」は防ぐようにしましょう!

 

嘘の回答をして大丈夫か!?

サークルや部活動の加入状況を、

企業は把握できていないので、

適当なことを言って大丈夫だと

思うかもしれませんが、

嘘は、論理破綻する可能性が高いのでやめよう!

論理破綻した場合、致命傷に陥りますので、

先程ご紹介した内容の、

嘘の回答はせず、代替エピソードでカバーしよう!

また、案外、サークル、部活動のつながりは、

社会人になっても継続されている可能性が高いので、

嘘がばれるケースが往々にしてあります。

その点は、是非、注意していただけばと思います。

 

まとめ

頻出で聞かれる質問のため、

必ず対策を練るようにしましょう!

また、嘘のない回答を心がけ、

回答の際は、

新たな視点を提供できるようにしましょう!

皆さんらしさがでる回答は、

きっと面接官にも響きますので、

ありのままを話していただければと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です