面接で「入社後にやりたいこと、仕事は何か?」と聞かれた際の答え方!

面接において、

「やりたいこと、やりたい仕事」を

聞かれることは、多くあります。

やりたいことがある方であれば、

答え方に気をつければ、大丈夫ですが、

やりたいことがない方は、悩むと思います。

これから、

「面接でやりたいこと(仕事)が聞かれる意図」、

面接でやりたいこと(仕事)を聞かれた際の答え方」、

「入社後にやりたいことがない人への対策」を、

ご紹介したいと思います。

Sponsored Links

面接でやりたいこと(仕事)が聞かれる意図とは?

皆さんは、何故、

面接でやりたいことが聞かれると思いますか?

企業の初期配置や異動には、やりたいことが、

反映されないことが多いにも関わらず、

面接官は、高い確率で聞いてきます。

その理由は、以下となります。

価値観や希望を確認したい!

企業は、高い採用コストをかけた人間を、

簡単に退職させたくないと思っています。

つまり、「ミスマッチ」は未然に防ぎたいのです。

そのため、この質問を聞くことで、

あなたのやりたいことを、希望として把握でき、

その答えの理由から、どんな価値観を持った人か、

確認することができます。

企業にとって、入社者と、

価値観が共有されていることは、

とても大切になりますので、

この質問は、有効な内容と捉えられています。

 

企業研究をしてきたか確かめたい!

面接官が、自社の事業について、

大枠から説明することは、絶対にありません。

あくまで企業研究をした結果、

自分のやりたいことが、

その会社でできることが前提です。

回答内容で、あなたのやりたいことが、

受けている企業でできない場合など、

企業研究ができていない候補者を確認する上で、

とても有効な質問になっています。

Sponsored Links

面接でやりたいこと(仕事)を聞かれた際の答え方!

あなたのやりたいことは尊重されるべきですが、

あくまで、面接の回答になりますので、

企業のニーズを満たす必要はあります。

以下、答え方のポイントをご紹介します。

やりたいことができる企業か、確認する!

あなたがやりたいことが、その企業でできるかを、

必ず、企業研究の際、確認する必要があります。

あなたがどんなにやりたいと願っても、

その企業で、そもそも行っていないことであれば、

企業は、あなたを採用することはありません。

「御社で、未だ取り組んでいないことなので、私が取り組みたい」

と回答することもありですが、

理由付けが難しくなりますので、

私はあまりおすすめしません。

 

あなたのやりたいこと=企業のやりたいこと!

やりたいことができる企業なのかと関連しますが、

あなたのやりたいことが、

企業のやりたいことと合致している必要があります。

企業は、採用で一緒に働ける仲間を募集していますので、

目指すべきものが、違う人を採用することはありません。

必ず、ベクトルが同じ方向なのか、確認して、

回答するようにしましょう!

 

やりたいことができる根拠を示す!

やりたいことを、子供のように強請っていても、

全く、あなたを採用したいと企業は思いません。

そのため、必ず、やりたいことには、

私はそれをできる、やれるという根拠を示す必要があります。

根拠の示し方は、あなたの強みと絡めて、

回答すると、理由付けとして、強力になります。

是非、強みを含めたエピソードをお話し、

やりたいことを、私ならできると回答しましょう!

 

入社後に、やりたいことがない場合の対策!

入社後に、やりたいことがない方は多いと思います。

そもそも、やりたいことを大学生で、

見つけている方は少ないと思います。

そんな方には、勿論、自己分析で、

自分のやりたいことを見つけることは、

絶対に行って欲しいのですが、

対策として、以下のことをご紹介します。

 

「やりたいことがありません」はNG!

先述から、ずっとお話していますが、

やりたいことをするために、

その企業を受けていることが前提となっています。

やりたいことがないなら、それだけで、

企業に足切りされてしますので、注意しましょう!

 

やりたいことがなくても、無理やり答える方法!

自己分析をしても、他己分析をしても、

自分のやりたいことが分からなかった方は、

最終手段として、以下の対応をとってください。

 

企業が今後やりたいことの中から、

自分が興味を持った内容を回答する!

その際、自分の強みを絡めて根拠付けをする。

 

自分のやりたいことは、見つかっていませんが、

一先ず、面接で答えることを目的として、

上記の対応で、一時的に凌ぐようにしましょう!

 

まとめ

やりたいこと(仕事)を、

聞かれる可能性は高いです!

やりたいことがある方は、

答え方に注意して回答をするようにして、

やりたいことがない方は、

私の最終手段を参考にしてください。

あくまで、面接の回答ですので、

人生スケールのやりたいことは、

働きながらでも、探すことはできます。

先ずは、その瞬間に集中していただければと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です