【面接対策】この本質的な質問に回答できるかが内定を左右する!

多くの準備をしたにも関わらず、

内定を掴むことができない人がいます。

その多くの人が間違った自己PRをしているからです。

本来、就職活動は「企業に私を入れてください」とアピールする場です。

アピールポイントは様々ありますが、

誤解している就活生は過去の功績を自慢するよう話をします。

皆さんが面接官だとして、そんな候補者を採用するでしょうか?

厳しいようですが、

アピールポイントは企業にマッチした内容にする必要があります。

そして、過去の功績にこだわることを一度やめてみてください。

候補者に期待されているのは、

これからの未来の話です。

皆さんが入社して、

成果を発揮することのみが期待されています。

これから、究極的な質問を皆さんにします。

この質問に答えられるかが内定を左右しますので、

面接対策として、答えられるだけの準備をしていきましょう。

Sponsored Links

本質的な問いとは?

 

あなたを採用しなければいけない理由は何ですか?

 

この質問が就職活動で、

候補者が答えなければならない本質的な問いです。

具体的には、

あなたを採用することにどんなメリットがあるかを答えることです。

ES、グループワーク、面接等のどの選考段階においても、

この質問に答え続ける必要があります。

そして、この質問に答え続けられた先に内定があります。

Sponsored Links

本質的な問いを答えるための準備

 

本質的な問いには2つの要素が含まれています。

1つは、「会社の求める人材を知っているか?」です。

具体的には、会社の歴史、強み、弱み、今後の狙い等の

最低限の会社概要を調べてきたかということです。

希望する会社のことを知らないことはそれだけで

足切り材料となりますので、下調べは入念に行うべきです。

説明会やパンフレット等で、

ある程度の情報は収集できますので、

最低限取り組んでください。

 

もう1つは、「あなたが会社の期待に答えられるか?」です。

具体的には、

あなたはどんな人間で、

あなたの強みは何で、

あなたが会社にもたらす貢献が何かを 明確にできるかです。

ポイントは、

先述の会社の求める人材を意識してアピールできるかです。

 

そこで、

皆さんには以下の質問に答えていただきたいと思います。

自己分析でも取り組みましたが、

以下の質問が会社の求める人材にマッチしているかを確認してみてください。

 

あなたはどんな人ですか?

あなたの強みは何ですか?

あなたが会社にもたらす貢献は何ですか?

 

もし、ロジックが破綻しているようでしたら、早急に練り直しが必要です。

大丈夫だと思った人がいれば、そう言える根拠は充分か再確認してみてください。

 

以上の2点を行ったか行わないかで面接の質が劇的に変わります。

どんな面接の質問も、最終的には本質的な問いに辿り着きます。

この問いを必ず意識して、選考に挑み続けていただければと思います。

 

まとめ

本質的な問いである

「あなたを採用しなければいけない理由は何ですか?」

に答えるために、

あなたはどんな人間で、

あなたの強みは何で、

あなたが会社にもたらす貢献は何かを明確にしましょう。

 

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です