面接で長所を聞かれた際の答え方と回答例!性格診断と他己分析を活かそう!

就活の面接で良く聞かれる

「あなたの長所は何ですか?」

面接官は淡々と聞いてきますが、

実際、答えるとなると、

かなり恥ずかしいと思います。

「私の長所は〇〇です。」

と回答することにも、

私自身とても違和感がありました。

これから、そんな恥ずかしさ、

違和感を払拭するために、私が実践した

面接で長所を聞かれた際の答え方と回答例をご紹介します!

Sponsored Links

面接で長所が聞かれる理由は?

皆さんは、何故、面接で長所が聞かれると思いますか?

私の長所は〇〇です。と就活生に言われても、

はっきり言って、面接官には何も響きません。

皆さんの長所や良さが分かるのは、やはり、

同じ時間を共有して、一緒に働いてみないと分からないです。

では、何故、そんなことを聞くのでしょうか?

それは、以下の2点を確かめるためです。

自分を客観的に捉えられているか?

大抵の人が、ここで先ず躓きます。

なぜなら、自分は2人存在するからです!

1人目が、「自分の思う自分」です!

理想や願望など、

こう在りたいという想いが、

無意識化で体現された自分です。

2人目が、「他人が思う自分」です!

あなたが与える印象によって、

他人が思うあなた(自分)です。

多くの就活生が長所というと、

「自分の思う自分」を回答しようとしますが、

企業は、客観的に自分を捉えられている

「他人が思う自分」を知りたいと考えています。

是非、その視点は身につけていただきたいです!

 

自分の競争優位(強味、ウリ)をどこに持っているか?

客観的に捉えられているか?と関係して、

競争優位をどこに持っているかは重要です。

企業は、あなたが何を強みとして、

ここにいるか楽しみにしています。

PRポイントと印象がイコールにならない場合、

大抵、自分を理解していないと思われてしまいます。

与える印象と長所でアピールする部分が、

同じになるようコントロールしましょう!

Sponsored Links

長所の答え方と回答例!

長所の答え方で一番注意していただきたいポイントは、

「根拠」をできるだけ、発言に持たせることです。

「私は明るいです。」「私は優しいです。」と聞いて、

皆さんはどんな印象を持ちますか?

おそらく、「だから何?」となるでしょう。

自分の思っていることでは、根拠にならないのです。

そうならないために、先ずは、

性格診断、他己分析を実施して、その内容を長所としましょう!

性格診断は他のサイトで利用していただき、

他己分析のやり方は、以下に紹介します。

【自己分析の仕方】他己分析のやり方と友達への質問項目の例はこれだ!

長所の回答例!

先述で、他己分析で根拠を持たせる必要があると、

ご案内しましたが、他己分析で見つけた強みを、

同じように「私は〇〇です。」と言っても、何も変わりません。

皆さんは、長所を質問された時は、

以下のように答えていただければと思います。

私は友人や知人から、〇〇と言われています。

具体的には、〇〇な場面で、〇〇な行動をとることが、

周りの皆さんには、私の長所として捉えていただいているようです。

上記のように答えることで、

他社の意見が反映された長所となります。

自分が思う長所より、根拠を示せることになりますので、

是非、この答え方で回答するようにしましょう!

 

まとめ

長所の答え方は、

他人が思う自分を答える必要があります。

そうすることで、

客観的な長所となり、根拠を示せることになります。

是非、今回紹介した内容で、回答していただければと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です