面接で「働くとは何か?」と聞かれた際の回答例と就活で必要になる2つの視点!

私は聞かれたことがありませんが、

面接で「働くとは何か?」と聞かれることがあるそうです。

哲学的で難しいと思うかもしれませんが、

就活の面接質問になるため、答えを出す必要があります。

これから、「働くとは何か?」と「企業が質問する理由」と

「質問に対する回答」をご紹介したいと思います。

Sponsored Links

何故、企業は「働くとは何か」と聞いてくるのか?

皆さんは、何故、「働くとは何か」と聞かれると思いますか?

企業によっては、小論文、作文形式で求められることなどあるそうです。

答える際、本などに書かれた名言を引用するのもおかしいですし、

どうにかして回答しなければならず、悩みますよね!

 

その理由は、

「あなたの働くことに対するスタンスを知りたい」

ということです。

 

従業員と個人の関係を表す指標として、

組織コミットメントという概念があります。

組織と個人の関係性を表す指標ですが、

何のために働くかも同じように捉えることができます。

コミットメントは大きく分けて、

功利的と情緒的に分けられ、

功利的な意味合いは、

「お金がもらえるからここにいる」

情緒的な意味合いは、

「この会社が好きだからここにいる」ということになります。

この内容は、従業員に働いてもらう上で、

とても大切な指標になり、

モチベーションの源泉を確認することにつながります。

上記の尺度などで、働くとは何かを聞き、

企業はあなたのスタンスを確かめたいのです!

Sponsored Links

就活の視点を踏まえた回答!

先述しましたが、企業は、

あなたの働くことに対するスタンスを確認したいと思っています。

その前提がある中で、

皆さんには、以下2点の視点を先ずは持っていただきたいです!

 

企業は情緒的な要因を重視する!

コミットメントには、情緒的と功利的があると述べましたが、

企業は情緒的な意味合いを持つ人を獲得したいと考えます

功利的な人がいても問題はありませんが、

業績が悪くなり、逆境に立たされた場合、

情緒的な人は会社のために頑張ると思いますが、

功利的な人は見切りをつけ、転職する可能性が高いです。

つまり、企業はどんな時でも一緒に戦ってくれる人材が欲しいため、

このように情緒的な意味合いを持つ人を採用する傾向があります。

 

企業は論理的な回答を期待している!

「働くとは何か?」のような漠然とした質問ですが、

企業は話の道筋が通る論理的な回答を望んでいます。

特に、このような質問の場合、

感情論で根拠がない回答をしてしまう方が多いですが、

この内容は面接でされている質問です。

面接官に伝わるよう簡潔に答える必要があります。

 

2つの視点を捉えた回答例!

先述の2つの視点は持ちつつ、

私がおすすめする回答は以下です。

私は、働くとは「相手に価値を提供する」ことだと思います。

お金を稼ぐために働くことは勿論重要ですが、

相手に価値を提供して、感動してもらうことに、

私は最も喜びを感じ、働く醍醐味があると考えます。

その視点で、御社の理念、事業は、

私の提供したい価値基準と合致するため、

是非、協力させていただきたいと思っています。

 

まとめ

「働くとは何か?」の質問は、

きっと一生かけても納得できる回答はできないと思います。

おそらく、リタイアした時に、

働くとは〇〇だったのではないか、

程度で感じることなのだと思います。

しかし、面接では聞かれることがあります。

是非、先述した私の視点を踏まえた回答をするよう、

頑張っていただいたいと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です