面接が不安でしょうがない場合の解消法と不安すぎる面接結果の待ち方!

面接前日に不安で眠れない方や、

当日の移動中に面接が不安

押しつぶされそうになる方は多いと思います。

面接はどうしても不安が付きまとうものです。

これから、そんな不安と上手に向き合う方法と対策、

面接を終えた後の結果の待ち方について、ご説明します。

Sponsored Links

面接の不安はどこから生じるか?

皆さんは、面接で不安になりますか?

因みに、私は心配症なのですぐにお腹が痛くなります。

不安の所在は人それぞれなので、

特定しにくい性質がありますが、

私の経験則で原因をお話したいと思います。

 

面接の不安は、「準備不足」が圧倒的な要因です。

特に、中途半端な準備しかできていない人ほど、

不安を大きく感じてしまいます。

 

それは何故か?

100%準備ができている人は、

後は「運」次第だと、覚悟が決まって面接に臨むことになりますので、

不安要素が「自分」→「運」に転化されています。

準備が全くできていない人は、

ラッキーパンチ狙いなので、落ちる前提で面接に臨んでいますので、

不安要素が「自分」→「運」に転化されています。

しかし、中途半端な準備の人は、

未だ準備ができていない部分に目がいってしまい、

何の覚悟も決まらないまま面接に臨むことになりますので、

不安要素が「自分自身」のままです。

 

上記のように、不安は、

不安要素が自分である場合に膨らんでいき、

私達の身動きを止めようと迫ってきます。

そのため、

我々は不安要素を自分以外に転化する必要があり、

転化できた場合、不安から解放されることになります!

Sponsored Links

不安でしょうがない面接の解消法!

先程、不安要素を自分自身以外に転化することが、

不安の解消法だと触れましたが、

具体的なマインドを先ずはお話したいと思います。

私が教訓として皆さんに知っていただきたいのが、

「人事を尽くして天命を待つ」という格言です。

この言葉は、

自分の能力でできる限りのことをしたら、

あとの結果は天の意思に任せるということです。

採用結果など運でしかないので、

このマインドが就活では大切になります。

 

上記を踏まえて、皆さんの不安解消法は、

「自分が納得できるだけの準備をしよう」ということです!

具体的には、

あなたの強み含めた自己PRポイント

面接で必ず答えなければならない質問

絶対に聞かれる質問

をしっかり答えるようにできることが準備に当たります。

 

具体的な内容は以下を参考に纏めてみてください!

あなたの強み含めた自己PRポイント

【自己分析】就活で意識する3つの軸!

面接で必ず答えなければならない質問!

【面接対策】この本質的な質問に回答できるかが内定を左右する!

絶対に聞かれる質問!

【面接対策】必ず答えられるように準備しておく質問事項!

 

不安すぎる面接結果の待ち方!

先述の準備をして面接に挑んでいただき、

その後、結果が気になってしまい、

不安で何も手に付かなくなる方がいると思います!

気持ちは分かりますが、皆さんに立ち止まっている暇はありません。

以下で、面接結果の待ち方をご説明しますので、

不安を忘れるくらい真剣に取り組んでいただければと思います。

面接の内省を行おう!

面接を受けっぱなしにすることは、次の面接に活きてきません!

過去問を受けて、復習しないことと同じです。

最低でも以下の点は纏め、答え方の対策を練りましょう!

質問された内容と回答した内容

自分が答えづらかった質問の内省

※答えづらいのは、自分の思考が上手く整理できていない

可能性が高いため、自己分析を再度行う良いでしょう!

 

次の選考の対策をしよう!

会社を一社しか受けない人はいないと思います。

五月雨式に対応していく必要があるので、

手駒がなくならないように企業数を増やすなどして、

次の選考に頭をシフトしましょう!

就活では、都度内省をして走り続けることが大切です。

未来を見据えた行動を心がけていくようにしましょう!

 

まとめ

面接で不安を全て解消することは難しいと思います。

しかし、自分自身に向いている不安要素を、

運などに転化していくことで、不安を緩和させることはできます!

是非、私の経験を参考にして、

面接でベストパフォーマンスを発揮していただきたいです!

 

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です