【面接対策】面接官とのコミュニケーションを意識しよう!

面接を意識した途端、緊張して本来の自分が発揮できない人は多いと思います。

確かに面接は選考の一種のため、人生を左右する重要な機会です。

ただ、そこまで緊張する必要はありません!

純粋に面接官とのコミュニケーションの場と考えてみてください!

これから、面接対策として、

意識していただきたいコミュニケーションについて説明していきます。

Sponsored Links

コミュニケーションとは?

コミュニケーションは、「共有を語源とした言葉です。

相手への情報の発信もコミュニケーションですし、

相手からの情報の受信もコミュニケーションとなります。

例えるなら、コミュニケーションは「相手と会話のキャッチボールをする」ことです。

会話のキャッチボールが上手くいき、相手と自分の意思が共有できれば成功ですし、

上手くキャッチボールができず、相手と自分の意思疎通ができなれば失敗となります。

皆さんには、

面接ではこのキャッチボールがスムーズに行えるよう頑張っていただきたいと思っています。

さて、コミュニケーションの具体的な内容に話を進めます。

コミュニケーションは、

大きく「言語コミュニケーション」と「非言語コミュニケーション」に分けられます。

言語コミュニケーションは、「言葉」を使用したコミュニケーションであり、

非言語コミュニケーションは、「言葉以外」(しぐさ、表情、声、姿勢etc)を

使用したコミュニケーションです。

良く言われる話ですが、コミュニケーションは言葉2割、言葉以外8割と言われます。

つまり、会話の内容より、伝え方によって、

コミュニケーションが上手くいくか決まるということです。

この話を面接に捉えても同じことが言えると思います。

多くの学生は、アルバイト、部活、サークル等の同じような話の内容で自己PRします。

それを聞いて私達は合否を判断するわけですが、

同じ話をしているのにも関わらず、

スムーズに言葉が入ってくる、全然凄くないことを凄く話せる人がいるのです。

私達はそういう伝え方が上手い人を採用しますし、

内容がいかに優れていても、伝え方に難がある人は採用しません。

つまり、

コミュニケーションを制することが面接の合否を左右すると言っても過言ではありません!

Sponsored Links

~HOW TO~

コミュニケーションに言語、言語以外の要素があることを意識していただけたと思います。

これから、具体的に面接で有効なコミュニケーションのテクニックを説明していきます。

 

面接で意識する言語コミュニケーション!

具体的な内容を数字と合わせて話す。

例えば、

学生時代は、ボランティアサークルで活動しました。と話す内容を、

学生時代は、100人が所属するボランティアサークルで代表として活動しました。と話すことです。

この内容で話すことで、面接官は具体的にあなたが取り組んだことをイメージできます。

抽象的でふわふわした内容にならないよう具体的に話していくことを意識しましょう!

 

結論⇒理由⇒具体例⇒結論の語順で話す。

例えば、

学生時代はボランティアサークルに所属して、代表として活動し、代表としての責任を学びました。

と話す内容を、

学生時代はボランティアサークルで代表としての責任を学びました。

それを学べたきっかけは、合宿と学園祭の2つの機会です。

具体的には〇〇の際、〇〇をして〇〇を経験し、〇〇の際、〇〇をして〇〇を経験したからです。

以上のような経験を通じて私は代表としての責任を学びました。

この語順で話すことで、面接官は内容を整理しながら話を聞くことができます。

語順を意識することで、相手がスムーズに自分のエピソードを理解できるようにしましょう!

 

面接で意識する非言語コミュニケーション!

余計なしぐさを入れないで話す。

話しながら頭をかいたり、あごを触ったりと、話す際は余計なしぐさを入れないようにしましょう!

自分に接触する行為は情緒不安定と捉えられてしまいます。

相手の眉間に向けて話すことだけ、意識を集中してみましょう。

 

大きな声ではっきり、ゆっくり話す。

言葉の通り、大きな声で、はっきり、ゆっくり話しましょう!

声が小さい、早口等で面接官が聞き取りづらい状況はないように気を付けてください。

コミュニケーションは「共有」することです。

面接では、自分のエピソードを面接官といかにして共有させるかを意識しましょう!

 

まとめ

コミュニケーションには、「言語」「言語以外」の要素があり、

言語コミュニケーションも重要ですが、非言語コミュニケーションの方が面接では重要視されます。

結論を先に述べる話し方や余計なしぐさを入れないで話すことを意識して面接に取り組みましょう!

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です