【就職面接】「最後に何か質問はありますか?」の対応と逆質問例!

面接の最後に聞かれる

最後に何か質問はありますか?という質問!

特別に聞くことは無いと思うかもしれませんが、

面接官に対して、何かしら質問する必要があります。

これから、何故質問をしなくてはならないのかと、

無難な質問例をご紹介したいと思います。

Sponsored Links

「最後に何か質問はありますか?」の意図!

何故、企業は学生に対して質問を求めるのでしょうか?

それは、入社後に話が違うということにならないように、

学生と企業のマッチングを確かめるためです。

企業は多くのお金を費やして学生を採用します。

入社してすぐに辞められてしまうと、

企業にとって、大きな損失となります。

そのため、面接時点で、入社するに当たり、

懸念点があるなら、先に聞いて欲しいのです。

 

さて、企業の意図は理解していただけたと思いますが、

次は「何故、学生が質問をする必要があるのか?」ということです。

特に聞くことが無いなら、質問をする必要はないと思われます。

しかし、企業は先ほどの意図に加えて、

学生の自社への関心を確かめたいとも考えています。

そのため、質問が無いと関心がないのかと捉えられてしまいます。

本当に行きたい企業なら、企業研究も念入りにしたと思いますので、

何かしらの疑問は持っているはずです。

その気になったことを是非素直に聞いてみてください!

しかし、行く気のない練習で受けている企業や、

第2志望、第3志望の企業については、

振り絞れる質問すらないと思います。

それについては、以下にて、

無難な質問をご紹介しますので参考にしてください。

Sponsored Links

無難な質問例はこれだ!

心から気になる質問がある場合は、

それを伺ってもらって問題はありません。

しかし、質問が思い浮かばない人は、

以下の質問を持って、面接で質問してみてください!

 

質問

入社後のキャリアについて伺わせてください。

1年目~3年目でどのような仕事を任せていただけるのでしょうか?

また、御社ではどれくらいの期間で自立を求められますか?

 

質問のポイント

自分が入社したイメージを面接官に持っていただけるだけでなく、

実際の自分のキャリアパスが聞けます。

そこでキャリアパスを答えてくれる企業は、

あなたを渇望している企業です。

逆に、配属されるまで分かりませんなどの回答の場合、

あまり必要とされているとはいえません。

そのようなリアクションで企業の自分に対する関心度もみることができます。

 

聞いてはいけない質問事項!

先程、気になる質問があるなら、素直に聞いてみてください!

と言いましたが、質問をしてはいけない内容はありませんが、

質問の仕方には気をつけていただきたいと思います。

具体的には、以下の項目については、

聞き方に気をつける必要があります。

 

給与、賞与、年収の金額

面接官は、周りがどれくらい給与をもらっているかを知りません。

また、自分の給与を他の面接官の前で回答はしたくないと思います。

つまり、個人的な質問になってしまうのです。

もし、この質問をしたいのであれば、

業界、その企業の平均年収を調べて、

給与は大体〇〇円だと伺ったのですが、それぐらいが目安ですか?

などの、YES、NO質問で伺うようにしましょう!

 

社内での人間関係

人間関係に関する質問は、

個人の主観で答えなければなりません。

そして、「良好ですよ!」としか答えられえない質問です。

こちらも、個人的な質問になってしまいます。

もし、この質問をしたいのであれば、

同じ部署の人や、他グループの人には、どんな特徴を持った人がいますか?

という集団内の人間関係でなく、

会社の中にどんな人が多いのかという質問で伺うようにしましょう!

 

まとめ

「最後に何か質問はありますか?」に対しては、

必ず何かしらの逆質問をするようにしましょう!

気になる企業であれば、

その内容を聞き方に気を付けて伺っていただき、

何もない場合は、私のご紹介した内容で伺ってください。

私自身、キャリアなどの未来に関する質問が、

企業からはポジティブに捉えられると思います。

また、同じ質問をいろんな企業ですることで、

企業によっての特徴が掴めてきます。

皆さんは面接を受けていますが、

逆に自分が面接をしているという視点が持てれば、

高い質で就職活動ができると思いますので、

是非ご参考に取り組んでいただければと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です