自己PRと長所の違いは?長所短所を踏まえた例文とPR要素と注意点!

自己PRと長所の違いを、

分かるようで分からない方は多いと思います。

これから、「自己PRと長所の違い」と、

「長所短所を踏まえた例文」を解説していきます。

Sponsored Links

自己PRと長所の違いとは?

皆さんは、自己PRと長所の違いは何だと思いますか?

一見違いが無さそうですが、

自己PRと長所には違いがあります。

先ず、以下で自己PRと長所について説明し、

違いについて明らかにしたいと思います。

自己PRとは?

自己PRとは企業へ自分の強みをアピールすることです。

ポイントは自分の強みを企業へPRすることになります。

つまり、強みの有無ではなく、

強みが企業にどう貢献できるかをPRする必要があります。

自分ありきではなく、企業の視点で考えることがとても重要になります。

長所とは?

純粋に、自分の優れているところ、良いところです。

自分で分かっている良いところだけでなく、

人から言われたあなたの良いところなど、

皆さんには無数に良いところがあると思います。

ポイントは、良い面は多くあるということです。

人によっては、社交的な一面が長所になりますし、

逆に内向的な面が長所にもなり得ます。

「自分」という視点が主となる内容です。

自己PRと長所の違いは?

上述で、自己PRと長所について説明しました。

説明して分かった方はいると思いますが、

概念的な違いを言えば、

企業視点か自分視点で考えるかの差になります。

企業視点で強みを考えられれば自己PRになりますし、

自分視点で強みを考えれば複数の長所となります。

また、自己PRと長所の関係性については、

長所の中で、企業に貢献できる要素が自己PRと言えることです。

長所は一つとは限りませんし、仮に抜群に良い一面があっても、

企業に何も価値を提供することができない内容であるなら、

それは自己PRとは言えません。

長所の中の企業に貢献できる要素が自己PRと捉えるようにしましょう。

Sponsored Links

自己PRと長所が同じでも大丈夫?

先程、長所の中の企業に貢献できる要素が

自己PRと説明しましたので、

自己PRと長所が同じで大丈夫かについては、

「全く問題ない!」と言えます。

逆に、長所が自己PRでないと厳しいと思います。

全く長所ではないことを、

自信満々に企業にPRすることは難しいです。

仮に、PRできたとしても、

自分で何か違うなと違和感があると、

それだけで、深堀質問などされると答えがたくなるでしょう。

自己PRを考える際は、

あなたの長所を先ずたくさん挙げて、

企業に貢献できる内容はどれかという視点で探すと良いでしょう。

自己PRは企業視点に立つ必要はありますが、

企業に染まれという内容ではありません。

自分ありきで、自己PRを考えるようにしましょう。

自己PRで短所とは!?

自己PRで短所をどうするか疑問に思ったでしょう。

短所は長所と同じくらい自己PRでは重要なのです。

理由は、長所と短所は状況によっていくらでも入れ替わるからです。

つまり、長所が短所になり、短所が長所になるのは、

往々にしてあり得るということです。

例えば、粘り強さが長所としてある場合、

業務をやり切る場面では長所として捉えられますが、

嫌われている人間に粘り強く声掛けするなどは、

相手へ迷惑をかけるという短所になります。

表裏一体の面が長所と短所にあることは知っておいてください。

自己PRのアピール要素!

自己PRのアピール要素として社会人基礎力は参考になります。

この内容を使った方が良いとは強く言えませんが、

言い回しを変えてお話できると自己PRでは有効だと思います。

社会人基礎力を自己PRで活用!

前に踏み出す力

主体的に行動し、粘り強く業務をこなす能力です。

主体性、働きかけ、実行力が要素となっています。

主体的な行動、遂行能力は、

企業にとって良いアピールポイントとなります。

考え抜く力

業務をやり切るために必要な能力です。

課題発見力、計画力、創造力が要素となっています。

課題発見や計画性を言葉でPRするのは難しいですが、

エピソードで課題設定にセンスがあると、

企業にとって良いアピールポイントとなります。

チームワーク

協働して働く上で必要になる能力です。

発信力、傾聴力、柔軟性、状況把握力、

規律性、ストレスコントロール力が要素となっています。

チームワークを言葉でPRするのは難しいですが、

グループワークなどのエピソードを活用すると、

良いアピールポイントとして活用できます。

自己PRを決める際の注意点!

自己PRを決める際の注意点とポイントは以下です。

あなたの価値観を重視する!

自己PRを決める際、

企業の求める人物像に合致することは重要ですが、

自分の得意を合致させるのは違います。

あくまで自分の得意がスタートで、

得意なことをどのように企業に活かせるかを考えるようにしましょう。

企業に合わせていると、

最終的に何が得意なのかを見失うことになりますので、注意しましょう。

嘘がないエピソードを使う!

エピソードを実体験できていない場合、

深堀された際に、上辺しか答えられません。

面接官も嘘のエピソードかどうかは簡単に見分けられます。

また、嘘をついて入社できても、

心残りになって、素直には喜べないと思います。

先程も述べましたが、経験の凄さは重要ではありません。

何を感じ、何を学んできたかが重要です。

自分の過去に自信を持ってエピソードは話すようにしましょう。

短所から自己PRを逆算する!

どうしても自己PRが決まらない方は、

短所から長所を考えて自己PRを決めましょう。

先程の例を使うと、周りからしつこいと言われることが多いから、

何事も粘り強くできていると捉えなおす作業です。

しつこいと言われること自体は修正しておく必要がありますが、

粘り強く何かをできることは強みです。

自分で気づいていないだけでPRポイントはたくさんありますので、

人からの印象を聞くことなどをして、自己PRを決めるようにしましょう。

自己PR例文!

私は、困難な状況でも要領よく楽しめることができます。部活動では同時に4つのPJを並行して進めました。そこでの問題は、(1)メンバーとの日程調整、(2)複数の課題を同時に進めていく難しさ、(3)各グループでの自分の立ち位置です。(1)の工夫は、早朝や休み時間の合間など、ちょっとした時間を効率的に使い、クラウドによる情報共有を行いました。(2)の工夫は、課題の期限、課題の難易度の2点から考えて優先順位付けを行いました。(3)の工夫は、自分が全てのグループでリーダーになることは負担なので、意識的に4つの内2つはリーダー役、残り2つはフォロワー役になりました。この経験から、複数の課題を同時に行い完遂する課題遂行能力、分業の大切さを学び身につけてきました。貴社では複数の仕事を同時に行う機会はあると思いますの、この経験を活かして働きたいと考えております。

まとめ

自己PRと長所の違いを意識して、

あなたが自信を持ってアピールできる内容を

自己PRしましょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です