自己PRのエピソードは複数準備しよう!最低2つあると安全な理由とは!?

自己PRのエピソードについて、

1つ用意できたら準備完了とは言えません。

最低2つは用意していただきたいと思います。

これから、自己PRのエピソードは複数

最低2つ用意すべき理由と対策を解説していきます。

Sponsored Links

何故、自己PRのエピソードは複数、最低2ついるの?

皆さんは、何故、

自己PRのエピソードが複数必要だと思いますか?

ほとんどの就活生が面倒だと思い、

複数用意したくないと考えるでしょう。

しかし、複数用意しないと、

面接においてピンチになることになります。

ピンチ1:視点を変えられる質問をされる!

このケースは多いと思います。

エピソードを回答した後に、

「他にも同じような経験はしたことがありますか?」

という質問で聞かれます。

エピソードが一つしかないと、

「ありません。」で終えてしまいますが、複数あれば、

「○○の経験からも同じように学ぶことができました。」と言えます。

この追加質問を華麗に答えられるかが、

面接のペースを崩さないためにとても重要です。

ピンチ2:深堀をされる!

深堀されて、エピソードが必要になるケースです。

特に、この場合は「根底」となるエピソードが必要になります。

具体的には、継続力をPRしたい場合、

継続力で○○をしたエピソードを皆さんはお話すると思います。

その後、面接官は、

「何故、続けることができましたか?」

と追加で質問することをします。

理由は、面接官はあなたのコア部分を知りたいと考えているからです。

このように質問された場合、

皆さんは、継続力を身につけられた

エピソードをお話する必要が生じます。

つまり、深堀された際のエピソードを用意しておく必要があります。

 

上述で、複数用意すべき理由は理解してもらえたでしょう!

また、最低2つのエピソードの理由は、

ピンチ2の部分は特に聞かれる可能性が高いです。

対策として、

過去のエピソードを用意する必要があるので、

最低2つとさせていただきました。

Sponsored Links

自己PR作り対策!

自己PR作りの対策を解説していきます。

重要な視点は、

「企業目線で考える」です。

企業目線を意識して取り組んでください。

自己PRのポイント!

自己PRのポイントは以下3点です。

全て満たした内容で仕上げる必要があります。

主体的な経験を使う!

自らが率先して行動した経験を使ってください。

理由は、当事者意識でやっていないエピソードは、

上辺しか理解できていない可能性が高いからです。

深堀される内容として、耐えられる経験を使いましょう。

また、企業で最も重要視されているのが「主体性」です。

主体性とは言わずに、主体性を感じていただける内容で、

自己PRは作成しましょう。

挫折、課題を乗り越えた経験を使う!

挫折経験、課題解決経験を使ってください。

理由は、

「○○という能力があります。」も大切ですが、

何故その能力を、どのように身につけたかが、

企業が知りたいポイントとなります。

また、挫折経験は社会人に好まれます。

なぜなら、仕事は失敗や挫折とリカバリーの連続だからです。

失敗経験から何を学び、身につけてきたかは、

社会人生活でも重要な要素となります。

内容の大小はありますが、

あなたらしい自己PRのエピソードを選択しましょう。

企業に活かせる要素をアピールポイントにする!

自己PRのアピールポイントが検討違いではダメです。

企業の求める人物像を満たし、

企業の今後の事業戦略にマッチする人物でないと、

皆さんが採用されることはありません。

必ずあなたの○○が企業の○○な部分に貢献できることを、

自己PRするようにしましょう。

この自己PRはNG!

自己PRでNGな内容は以下となります。

PRポイントが不明瞭!

エピソード、アピールポイントは良いのに、

言葉の選び方で、伝えたいことがぼやけます。

一度、自己PRを書き終えたら、必ず音読して、

音として突っかかる部分が無いかを確認しましょう。

論理破綻している!

流れを意識して書かれていても、

内容が論理破綻していると終わりです。

何を伝えたいかを軸に、

それを補強する根拠が論理破綻していないか、

必ず確認するようにしましょう。

就活において、ロジックは最も重要です。

自己PR作りの注意点!

自己PRを作り終えたら、

以下の2点についてチェックしてみてください。

少しでも違和感がある場合は作り直した方が良いでしょう。

あなたの強みが企業のニーズを満たしているか?

アピールポイントが企業の要望に応えられるか、

見直しをする必要があります。

エピソードが良くても、

企業での関係性が見出せないと何の意味もありません。

自己PRを書き始める前に、

必ずロジックと要望の確認はしてください。

強みに嘘はないか?

強みに嘘があると、一気に全て破綻します。

面接では強みは深堀されることになりますので、

嘘を嘘で塗り固めていくことになり、最終的に何が伝えたいか、

あなたが本当はどんな人かを伝えられないことになります。

また、嘘をついて入社した会社で、

本気で何かを取り組めるかというと、

割り切れないのが人間です。

自分に違和を持たないためにも、

嘘のない自己PRを作成するようにしてください。

まとめ

自己PRは準備が本当に大切です。

準備で自己PRの質が決まると言っても過言でないです。

是非、複数のエピソードで武装し、

選考に挑んでいただきたいです。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です