【自己分析の仕方】自分自身と向き合う際の心構えと注意点!

自己分析は「自分自身と向き合う」ことですが、

人の考えや意見に左右されてしまい、

本当の自分を見つけられず、

分析を終えてしまう人が多いと思います。

これから、

自己分析を行う際の心構えと注意点をご説明します。

Sponsored Links

自己分析のゴールイメージとは?

自己分析のゴールイメージは、

人生の卒業アルバムを作成することです。

卒業アルバムでは、

取り組んだこと

(体育祭、文化祭、授業の様子など)

が写真を添えて掲載され、

仲間からどう思われているか

(優しい人、夢を叶えそうな人ランキングなど)

がアンケート調査をもとに掲載されています。

そしてアルバムを受け取ると、

私はこういう学校生活を送ったと、

ノスタルジックな気持ちで振り返ったと思います!

まだ人生は卒業しませんが、

現時点の人生アルバムを作成することで、

自分の軸を決めることが最終着地点となります。

Sponsored Links

自己分析をする際の心構えと注意点

自己分析は自分を見つめ直す作業ですが、

どうしてもバイアスに邪魔されてしまいます。

これから、できるだけバイアスをかけないで、

自己分析をする方法を3点ご紹介します。

 

答えを無理に求めない!

感じたこと、思ったことを、

そのまま“パーッと”書き出してください。

分からないことは分からないままで大丈夫です。

自分の考えが、

虫食い状態になっていることは大歓迎です!

リラックスした気持ちで、

質より量を出し続けるように取り組んでください。

今後の話になりますが、

虫食い状態のブランクが

最終的に答えを出さないといけない内容です。

しかし、自己分析時点では意識せず、

ありのままに吐き出したアルバムを作りましょう!

 

プライドや妄想は捨ててください!

今回の目的は自分自身と向き合うことです。

他人を意識したエピソードや、

取り組んでもいないエピソードは、

自分自身と向き合うことから逃げています。

脳は記憶改ざんが得意ですので、

自分自身が実際に取り組んだことだけを

しっかり思い出して、向き合ってください。

 

感情を大切にしよう!

当たり前のことですが、

同じことを取り組んだとしても、

人によって感じ方は違います。

自分自身と真摯に向き合うためには、

「嫌だったな~」

「最高だったな~」

「あの頃に戻れたら良いな~」

等の感情がどうしても不可欠です。

自分が経験したことから、

湧き出る感情を活かしていきましょう!

感情的に捉えている経験は、

人生のキーポイントになっているはずです。

 

まとめ

自己分析は、

自分自身の人生アルバムを作成することです。

難しいことだと思わず、

楽しみながら取り組んでいただきたいです。

心構えと注意点を意識することで、

自己分析の純度が増します。

バイアスに邪魔されないように、

自分自身と向き合ってみてください。

最後に、

この自己分析は就活だけに活用できるのでなく、

自分が何かで節目を感じた時に取り組むと、

また新しいことを発見できると思います。

自分と向き合う必要が生じたら、

是非思い出し取り組んでいただけると嬉しいです。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です