【自己分析の仕方】就活を機に自分自身と向き合うやり方はこれだ!

就職活動は解禁したものの何をしていいか分からない人は多いと思います。

何でそんな状態になっていると思いますか?

おそらく、自分を全く分かっていないからです!

今後、企業に自分をアピールしていくのに自分を分かっていないのは危険ですよね!

これから、3ステップに分けて自己分析の仕方を説明していきます。

答えは自分の中にあることを意識して、是非楽しんで取り組んでくださいね!

Sponsored Links

なぜ、自分自身と向き合う(自己分析)必要があるの?

自分自身と向き合う目的は、今まで取り組んできたことを、「整理する」ことにあります。

自分のことは自分自身が分かっているようで案外分かっていないものです。

例えば、

「何でこの人を全然好きでもないのに付き合ったのだろう?」

「何でこの部活を始めたのだろう?」

「何で興味のないゼミを選択したのだろう?」

自分自身のことなのに、理由を答えられるものは少ないですよね!

そういう纏まっていない情報を整理するためにも自分自身と向き合うことは重要になります!

Sponsored Links

~HOW TO~

さっそくですが、ノートと紙を用意して、以下の質問に答えてみてください!

取り組んできたことは、多ければ多いほど良いので、たくさん書き出してみましょう!

 

子供の頃

  • 小学校~高校時代について
    • やってきたこと
    • やってきたことの内容
    • どれくらい続けたか?
    • それを始めた理由は?
    • 辛かったこと、苦労したこと、挫折したこと
    • 楽しかったこと、成し遂げたこと(実績)
    • その経験から学んだこと、その経験から感じたこと(感情面含め)
    • それを通じて血肉となったこと(身についたこと)

~私の事例~

【やってきたこと】剣道

【やってきたことの内容】稽古、合宿、大会

【どれくらい続けたか?】小学校3年生~現在も

【それを始めた理由は?】祖母に無理やり入れられた(かなり嫌々だった。)

【辛かったこと】稽古が辛すぎたこと(いつも辛くて泣いていた。)

【苦労したこと】いくら練習しても勝てなかったこと(毎日5時間は練習していたのに。)

【挫折したこと】レギュラーから外れたこと(自分の方が強いのに。)

【楽しかったこと】稽古後の仲間とのじゃれ合い(基本、先生への不満を愚痴ってた。)

【成し遂げたこと】個人戦での優勝、団体戦での3位

【学んだこと】個人スポーツだが、チームワーク(稽古は一人ではできない。)

【感じたこと】続けていると分かってくることがあること(視野が広がった)

【身についたこと】忍耐力、礼儀

 

子供と大人の間

  • 大学時代
    • やってきたこと
    • やってきたことの内容
    • どれくらい続けたか?
    • それを始めた理由は?
    • 辛かったこと、苦労したこと、挫折したこと
    • 楽しかったこと、成し遂げたこと(実績)
    • その経験から学んだこと、その経験から感じたこと(感情面含め)
    • それを通じて血肉となったこと(身についたこと)

~私の事例~

【やってきたこと】ボランティアサークル

【やってきたことの内容】月1回の障がい者施設訪問、月1回の小学校訪問、飲み会、合宿

【どれくらい続けたか?】大学1年生~現在も

【それを始めた理由は?】先輩に勧誘されたから。

【辛かったこと】活動への参加率の低さ(少ない人数で対応するには限界があった)

【苦労したこと】話すことができない人とのコミュニケーション(難しかった。)

【挫折したこと】なし

【楽しかったこと】仲間や施設の方とのレクレーション(本気で遊んでいた。)

【成し遂げたこと】代表として任期を終えたこと。

【学んだこと】コミュニケーションは言葉だけではなく、身振りや表情など様々なものでとれること。

【感じたこと】障がいの有無、年齢等はあんまり意識しなくてもいいな。

【身についたこと】初対面の人とでも臆せず触れ合えることが身についた

 

まとめ

取り組んだことを整理することで、自分自身と向き合おう。

以下の内容で取り組んだことを最終的に整理しよう。

ここまでの内容をまとめると、

私は大学時代に〇〇に取り組みました。

具体的には、〇〇、〇〇、〇〇を行いました。

それを始めた理由は、〇〇です。

〇〇では、〇〇に苦労しました。

〇〇では、〇〇を達成しました。

以上の経験から、〇〇を学び、〇〇を身に着けました。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です