グループワーク対策!マナーと評価ポイント、進め方とコツと役割別対応!

グループワークは事前に対策をしていると、

ワークにスムーズに取り組めます。

これから、

グループワークの対策として、

マナー評価基準に加え、進め方コツ、

役割別の対応を解説していきます。

Sponsored Links

グループワークとは?

グループワークとは、

グループに分かれてテーマに沿った課題を実施することです。

数人で構成されたグループ内で、

テーマに沿った個人ワーク、議論、纏めをして、

何らかのアウトプットを発表することが求められます。

テーマに対するアウトプットも重要ですが、

集団議論、議論の纏め方など、プロセスを通じて多くのことを学ぶことができます。

また、議論のプロセスを見ることで、その人間の考え方や集団での態度などを

見ることができるので、企業選考で導入されることが多くなってきています。

GWとGDの違いとは!?

グループワークとグループディスカッションの違いは特にありません。

強いて言うのであれば、扱う「テーマ」に少し違いがでます。

グループワークには作業型のワークがあることが特徴です。

グループディスカッションは、

純粋な議論をする場となりますので、

問題解決型や自由討論型のテーマを提示されることとなります。

いずれにしても、流れや進め方、

コツや役割等は大きく異ならないため、

グループワークの対策をしつつ、

グループディスカッションの対策も合わせて行ってしまいましょう。

Sponsored Links

評価ポイントとマナーは!?

グループワークは選考で使われます。

つまり、評価ポイントがあることになります。

以下で評価ポイントを解説します。

また、併せて、

グループワークのマナーについても触れておきます。

グループワークの評価ポイントとは!?

集団の中の個を見たい!

面接でコミュニケーション能力が高いと思えても、

1対1のコミュニケーションが得意なだけで、

1対複数人のコミュニケーションが上手いかどうかまで、

面接で見極めることは難しいです。

グループでの議論になれば、

必ず意見を聞く段階、意見を述べる段階、

意見を纏める段階など、

それぞれで個の在り方は違ってきます。

そのような状況で、どんな立ち振る舞いをするかが見られます。

 

地頭(論理的な思考)を確認したい!

テーマを議論する際、テーマを的確に捉えて、

議論すべき内容と進め方を考える必要があります。

テーマに沿った答えを、

最短距離でゴールにたどり着けることは

社会人生活で必ず求められる能力となります。

仕事ができる人とできない人の差は、

ゴールイメージと言っても過言ではありません。

是非、ロジックには注意をするようにしてください。

グループワークのマナーとは!?

人の話をしっかり聞く(傾聴)!

傾聴はマナーの初歩です。

人の話をしっかり聞けなくては、

ワークで共同作業はできません。

また、人の意見を聞いているかなども

評価基準となりますので、

遮って人の意見を潰すことなどないようにしましょう。

 

柔らかい言葉と敬語を使う!

敬語は最低限のマナーです。

初対面の相手にフランクな対応をとることは大切ですが、

親しき中にも礼儀ありとありますが、

未だ親しくもない段階ですので、

強い言葉を使わないことや、

敬語を使って相手のリスペクトを忘れないようにしましょう。

グループワークの進め方!

グループワークの進め方!

グループワークの進め方を流れに沿って解説します。

作業型の場合は、個人ブレストと集団ブレストが同時に行われることが多いです。

「テーマの提示」と「個人ブレスト」

テーマの提示と個人ブレスト段階は、

全て、個人作業になります。

短い場合、2~3分で資料を読んで、

自分の意見を纏める必要があります。

この段階での進め方は、自分で

「着地点」と「ゴールイメージ」を確定させることです。

着地点については、

テーマについての回答になっているか?

理由付けのロジックに無理はないか?

を意識する必要があります。

ゴールへのイメージについては、

着地点に繋がりそうな要素を纏めておくことです。

「グループブレスト」

長いと5~15分程度、時間をとられてしまいます。

討議の纏め、発表準備もあるため、

個人の意見出しが長引きそうな場合、

時間管理について助言はした方が良いです。

この段階の進め方としては、

周りの意見をしっかり聞いて、

メモをとっておくことが重要になります。

纏めの段階で、

各意見をグルーピングして

要素別に集約をするため、

ここで上手く整理できないと

纏める段階でスムーズにいかなくなります。

「まとめ」と「発表」

ワークを整理して、発表をする段階です。

着地点と周りの意見のグルーピングが

できていれば、スムーズにいきます。

テーマに沿った答えになっているかは確認しましょう。

グループワークのコツ!

グループワークにはコツがあります。

コツさえ理解しておけば、

スムーズにこなしていける性質を持っています。

以下、各フェースでのコツを解説します。

個人ワークのコツ!

個人ワークのコツは下調べに尽きます。

テーマへの理解、意見を事実ベースで捉えることが大切です。

そのため、時間が多く与えられる場合は、

テーマと関連する内容について調べつくし、

事実をベースとした自分の意見を纏めることをしてください。

また、就活等の当日内容を知る場合は、

議論の発展のさせ方を知る上で、

どんなグループワークのテーマが与えられそうかなど、

ある程度類型を事前に知っておくことが大切になります。

いずれも、個人ワークのコツは、

テーマについての事実を明確に捉えることが重要になりますので、

これは事実を述べている、これは意見が述べられているという具合に、

頭で分けていくようにしていきましょう。

ディスカッションのコツ!

議論(ディスカッショ)のコツは、

感情を一切排除して、テーマを論理的に捉えることです。

この人のこういう意見は面白いという捉え方でなく、

意見がテーマと関係あるかどうかを重視します。

そうすることで、無駄な議論の時間を押さえて、

議論だけに集中することができますので、

最短でゴールに近づくことができます。

発表のコツ!

発表のコツは、

誰に何を明らかにしないといけないかを意識することです。

例えば、就活のグループワークでは、

テーマに沿った回答を、採用担当官に理解させることが求められます。

テーマに沿った回答については、

ロジックが正しいかどうかを詰めていく必要があります。

採用担当官に理解してもらうことについては、

難しい専門用語を使わず、

誰でも理解できるような言葉を使っていくことなどが重要です。

いずれも、デリバラブル思考が大切になりますので、

意識は誰に向けての何なのか迄を意識するようにしましょう。

グループワークの役割別対応!

グループワークでは役割を与えられることが多いです。

役割は特に無くても問題ありませんが、

ワークが始まった段階で自然に決まることになるでしょう。

司会進行役

司会進行役は1名選出されます。

求められる役割は、

時間内に議論を終結させることです。

書記役

書記役は1~2名選出されます。

求められる役割は、

チームの意見をホワイトボードや、

メモ用紙に、全員が見える形で、

纏めていくことになります。

時計役(タイムキーパー)

時計役は1名選出されます。

求められる役割は、

名前の通り、時間管理です。

締め切りの時間を逆算して、

チームで決めた議論の時間を、

都度、知らせていくことになります。

発表役

発表役は1名又は2名程度選出されます。

基本、司会役と兼務となります。

仮に頼りない司会に当たった場合は、

自分で発表へ立候補するか、

一番貢献した人間を推薦すると良いでしょう。

まとめ

グループワークでは先にテーマを理解していると強いです。

苦手な方はテーマを事前に調べて対策を練り、

苦手を克服するようにすると良いでしょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です