【就活の成績】成績表のGPAが低い言い訳と成績証明書の重視されるポイント!

成績表のGPAが低い学生は、それだけで就活が不安ですよね!

成績が悪いだけで、企業から落とされるのではないか、

学生時代しっかり勉強しておけば良かったと後悔する人は多いと思います。

しかし、そこまで大学の成績を悲観する必要はありません。

これから、成績が悪い際の言い訳と、成績証明書の重視されるポイントをご説明します。

Sponsored Links

就活で成績は重視されるのか?

就活で成績は、少し重視されます!

全く重視しないと言いたいのですが、

GPA3.0以上などの基準を設けている企業があるからです。

成績は学生時代、唯一の評価尺度です。

その内容が合否に直接的に関わるとは言いませんが、

プラスワン材料、印象材料として、

多少影響することは知っておいてください。

 

卒業するのが難しいと言われる大学は、就職率が高いです。

それは、学生時代に勉強をしっかりしてきたとみなされるからです。

そんな大学で高い成績をとっている学生はやはり重宝されます。

また、大学のゼミ経験は企業に重視されるポイントで、

ゼミをしっかり行い良好な成績を残せた学生は重宝されますが、

ゼミに加入できなかった学生はマイナスなイメージを持たれてしまいます。

企業は学生時代の成績であなたのことを少しでも知りたいと考えています。

成績の良し悪しが全てだとは言いませんが、参考情報としては見られますので、

未だ成績のでていない間に合う単位については、

良好な成績がとれるように勉強を頑張るようにしましょう!

Sponsored Links

成績証明書で重視されるポイント!

成績証明書で見られるポイントは以下の内容です。

どんな学問を学んできたか?

成績は良好か?

得意科目は何か?

不得意科目は何か?

なぜ、このような項目を見るかというと、

学生時代に何をしてきた人なのか?

どんな長所、短所を持っている人なのか?

を企業は知りたいと思うからです。

そのため、良く分からない教科があったら、

この学問はどういう内容なのかを、

質問されることなどがあることを覚悟しておいてください。

学問の概要を話せるように訓練しておくと良いでしょう!

また、何故単位を落としたかなど不得意科目についても、質問される可能性はあります。

その内容については、次に対策をご紹介しますが、

先程も少し触れさせていただいた通り、

その内容で合否を決める訳ではなく、参考情報として、

企業は知りたいと思っているので、

そこまで念入りに準備する必要はありません。

ただし、最低限の対策はするようにこれからの内容で準備しましょう!

 

成績が悪い際の言い訳はこれだ!

面接で成績についての質問を聞かれないことが一番ですが、

聞かれてしまった場合は適切に答えなくてはなりません!

以下にて言い訳をご紹介しますので、是非参考にしていただければと思います。

 

単位を落とした不良な科目について聞かれた場合

先ず、不良なことについては真摯に受け止めている姿勢を見せましょう!

その上で、有効な回答は、「得意科目に注力していたからです」と答えましょう!

そして、得意科目の話にすり替えてしまいましょう!

高校生までは、バランスを重視されるよう教育がされていますが、

大学では、専門性を身につける意図が強いです。

そのため、多少の乱高下は許容されます。

ただし、ここで注意していただきたいのが、

仕事では苦手なことでも、しっかり取り組まなければなりません!

やりたい仕事を100%できる訳ではありませんので、

学生時代の勉強については、

得意なことを伸ばすことを重視してきましたが、

社会人になりましたら、

苦手なことも克服しつつ得意なことは伸ばすことを

並行してこなしていきたいですとお話しましょう。

得意なことを伸ばす風潮は徐々に増えてきましたが、

まだバランスが重視される社会ですので、

バランス感のある人材だということはアピールするようにしましょう!

 

全体的に成績が良好でない場合

先ず、こちらも真摯に成績の悪さは認めましょう!

その上で、他に熱中したことを話すことで少しずつ論点をずらしていきましょう!

ダメな理由を長々と言い訳していても、企業へのアピールにはつながりません。

悪いことは悪いことで認め、

課外活動に注力しすぎたため、勉強が疎かになってしまったと素直にお話しましょう!

そこで、良く分からない言い訳をするよりは、

他に熱中したことって何?と相手から聞かせるような熱意を持って、

熱中したことを語れるとピンチがチャンスになったと言えます。

また、ここでも注意していただきたいのが、

これからは仕事に熱中していきたいという姿勢は見せるようにしましょう!

過去と未来を切り離して考え、

過去と未来でそれぞれ区別してお話することが大切です!

 

まとめ

成績が悪いことを悲観することはありません!

ただし、成績が悪いことは真摯に受け止める必要はあります。

その上で、面接の質問などで聞かれた場合は、

得意なこと、アピールポイントを、

議論をずらしながらお話するようにしましょう!

SPIなどのWEBテストで学力は別指標で評価されますので、

過去の結果はそこまで重視されません。

成績が悪いからといって、不安がらずに、就活には取り組んでいただきたいです。

 

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です