グループディスカッションのコツと進め方!役割とアイディアは人任せで大丈夫?

グループディスカッション!

通称:グルディスには、

必勝法とは言いませんが、

進め方のコツが存在します。

これから、

グループディスカッションのコツ

について、進め方と流れを踏まえて、

ご紹介したいと思います。

Sponsored Links

グループディスカッションの進め方!

GDの流れを踏まえて、

各段階での進め方をご紹介しています。

「テーマの提示」と「個人ブレスト」

テーマの提示と個人ブレスト段階は、

全て、個人作業になります。

短い場合、2~3分で資料を読んで、

自分の意見を纏める必要があります。

この段階での進め方は、自分で

「着地点」「ゴールへのイメージ」

を確定させることです。

着地点については、

テーマについての回答になっているか?

理由付けのロジックに無理はないか?

を意識する必要があります。

ゴールへのイメージについては、

着地点に繋がりそうな要素を纏めておくことです。

要素とはグルーピングした際の大まかな概念です。

周りの意見をグループ化して、

上手く活用するために必要になります。

「グループブレスト」

長いと5~15分程度、時間をとられます。

討議の纏め、発表準備もあるため、

個人の意見出しが長引きそうな場合、

時間管理について助言はした方が良いです。

この段階の進め方としては、

周りの意見をしっかり聞いて、

メモをとっておくことが重要になります。

纏めの段階で、

各意見をグルーピングして

要素別に集約をするため、

ここで上手く整理できないと

以降がスムーズにいかなくなります。

「まとめ」と「発表」

議論を整理して、発表をする段階です。

この段階では、

着地点と周りの意見のグルーピングが

できていれば、スムーズにいきます。

具体的な進め方は、

周りの意見について、

あなた

○○さんと○○さんは、

こういうことを言っていて、

それは○○ってことですよね?

と、意見のグルーピングを先ず行います。

その後、各要素をつなげて、

あなた
今回のテーマの答えは、

テーマについて○○と分解して、

このテーマを解決するためには、

○○については○○を、

○○については○○をすることが有効だと思います。

と、着地点にそった内容を纏めることをしましょう。

また、発表については、

リーダーに任せれば良いので、

皆さんは議論の方向付けに全力を尽くしましょう!

※グルーピングを上手くPRできれば、

選考は必ず通過すること間違いありません!

Sponsored Links

グループディスカッションのコツ!

「役割」は人任せで大丈夫!

グルディスが始まると、

仕切りたがる人が、

司会と書記と時計係を決めようとします。

個人的に役割は重要でないですが、

場を乱すのも悪いので、

流れには必ず乗りましょう!

役割があっても、無くてもやることは同じです。

テーマの回答に向け、

着地点とゴールイメージを持ち、

グルーピングと方向付けを行い、

議論を纏めることです。

しかし、想定通りいかないのが、就活です。

理想は、どの係にも任命されず、

グルーピングと議論の方向付けに

注力することが良いですが、

役割を任命されることがあります。

そうなってしまった場合の対応策をご紹介します。

「司会、進行係」

議論を導いていく役割です。

時間係と協力して、

テーマを纏めることが求められます。

議論を進めながら、

グルーピングを役割として行えます。

また、議論を導く役目であるので、

チームを引っ張ることも可能です。

この役割を任命された場合は、

自信を持って進んでいくことをしましょう!

少しでも弱みを見せてしまうと、

チームは纏まりを欠くことになります。

 

「書記係り」

周りの意見をホワイトボードや

ノートに纏めていく役割です。

全員の意見を汲み取ることが求められます。

意見を纏める係ですので、

グルーピングを皆に見せる形で行えます。

自分の中で各意見を要素別に纏められると、

とても良いアピールになります。

個人ブレスト段階で、

ゴールイメージまで持つようにして、

サクサク書き上げていきましょう。

その纏めた内容だけで、

発表ができると更に理想です。

 

「時計係り」

与えられた時間を管理する役割です。

適宜、時間を伝えることが求められます。

重要な係ではありますが、

一番、面倒な係です。

なぜなら、グルーピングと方向付けだけに

頭を使えなくなるからです。

時間係は、時間を意識するため、

焦りと、責任を感じます。

そこで、頭が働かなくなるのが怖いので、

できれば引き受けることは避けた方が良いと思います。

しかし、引き受けてしまった場合は、

時間を伝えつつ、議論を進めていくようにして、

是非、器用に頑張っていただきたいです。

「アイディア」は人任せで大丈夫!

GDを行うとアイディアの質で、

合否が決まると勘違いしている方が人がいます。

しかし、アイディアの質は大して問題でありません。

重要なのは、

テーマの答えになっているか

というロジックとなります。

つまり、アイディアは人任せで大丈夫です!

皆さんは、人のアイディアを

纏め上げることだけに集中すれば良いです!

そこで、アイディアが上手く出せないと悩み、

思考停止になってしまうことだけは避けましょう。

まとめ

グルディスにはコツがあります。

頭が良い人が選考を通過する訳でなく、

議論の進め方を知っているかどうかが

合否の境目となります。

知らなくて負けること程、

悔しいことはありません。

是非、グルディスの意図、目的等を

理解して、選考に挑むようにしましょう!

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です