グループディスカッションの流れと進め方!人事評価ポイントと議論例!

グルディスと略される

グループディスカッションについて、

どんなことをするか分からない方は多いと思います。

これから、

グループディスカッションの流れ」、

「流れを踏まえた進め方」、

「人事の評価ポイント」、「議論例」を、

ご紹介したいと思います。

Sponsored Links

グループディスカッションの流れ!

グループディスカッション(GD)は、

あるテーマについて、

約20~30分以内でグループ討議をします。

企画立案や要素分析など、

テーマは企業によって様々ですが、

大まかな流れは以下となります。

(1)テーマの提示

テーマを与えられます。

企業によりますが、

資料を渡されるだけの場合もあります。

(2)個人ブレスト

与えられたテーマに対し、

自分の意見を考えます。

短い時間で、資料を読みつつ、

考えを纏めるため、ハードです。

(3)グループブレスト

自分の意見と周りの意見出しを行います。

時間を意識して、全員の意見出しが

終えられるよう配慮する必要があります。

(4)まとめ

ブレストの内容や、議論の中で生じた内容から、

最終的なグループの意見をまとめます。

時間内に必ずまとめる必要があります。

(5)発表

まとめて終わりの場合もありますが、

簡単に担当者に結果をレビューします。

企業によっては、

そこからフィードバックがあります。

Sponsored Links

グループディスカッションの進め方!

GDの流れを踏まえて、

各段階での進め方をご紹介します。

「テーマの提示」と「個人ブレスト」

テーマの提示と個人ブレスト段階は、

全て、個人作業になります。

短い場合、2~3分で資料を読んで、

自分の意見を纏める必要があります。

この段階での進め方は、自分で

「着地点」と「ゴールへのイメージ」

を確定させることです。

着地点については、

テーマについての回答になっているか?

理由付けのロジックに無理はないか?

を意識する必要があります。

ゴールへのイメージについては、

仲間の意見として、

着地点に繋がりそうな要素を纏めておくことです。

要素に対する意見がでたら、

上手く活用するために必ず準備が必要です。

「グループブレスト」

長いと5~15分程度、時間をとられてしまいます。

討議の纏め、発表準備もあるため、

個人の意見出しが長引きそうな場合、

時間管理について助言はした方が良いです。

この段階の進め方としては、

周りの意見をしっかり聞いて、

メモをとっておくことが重要になります。

纏めの段階で、

各意見をグルーピングして

要素別に集約をするため、

ここで上手く整理できないと

以降がスムーズにいかなくなります。

「まとめ」と「発表」

議論を整理して、発表をする段階です。

この段階では、

着地点と周りの意見のグルーピングが

できていれば、スムーズにいきます。

具体的な進め方は、

周りの意見について、

○○さんと○○さんは、

こういうことを言っていて、

それは○○ってことですよね?

と、意見のグルーピングを先ず行います。

その後、各要素をつなげて、

今回のテーマの答えは、

テーマについて○○と分解して、

このテーマを解決するためには、

○○については○○を、

○○については○○をすることが有効だと思います。

と、着地点にそった内容を纏めることをしましょう。

また、発表については、

リーダーに任せれば良いので、

皆さんは議論の方向付けに全力を尽くしましょう!

人事評価のポイント!

人事評価のポイントはシンプルです。

「協調性」「地頭」を見ています。

以下でご紹介します。

協調性の尺度!

グループディスカッションは、

仕事では、会議やMTGに変換できます。

会議やMTGを一緒にしていて、

無礼な態度は嫌ですよね?

その点を踏まえると、

人の意見をしっかり聞いているかどうか?

相手をリスペクトして接しているか?

が見られることになります。

先ず、人の意見を聞いているかについては、

聞いている際の頷き、メモの様子、

「それはどういうことなのかな?」

と言ったリアクションが見られます。

反応のない聞く姿勢にならないよう注意しましょう!

次は、相手へのリスペクトですが、

相手への物の言い方、強さ等が見られます。

特に、語気の強さ、悪意のある質問等は、

面接官に悪い印象を与えます。

是非、相手への配慮を忘れず、

コミュニケーションをとるようにしましょう。

地頭の尺度!

地頭と言われると、

皆さん、一気に自信を無くすと思います。

しかし、ここで言う地頭とは、

問題を的確に捉えて、

質問に的確に答えることになります。

例えば、

○○を解決するための○○を考えてくださいと言われ、

○○を解決するためには○○を辞めれば良いと思いますと答えると、

○○を解決する○○を考えたことにはなりませんよね?

必ず、独立変数と従属変数の関係を意識して、

議論に答えを出すようにしてください。

議論例!

テーマ:「働くこととは何か?」

「テーマの提示」と「個人ブレスト」

先ず、着地点を自分で決めます。

働くことは、

「生活をすること」、「やりたいことを実現する」

次に、ゴールイメージを決めます。

「生活をすること」

  • お金を稼ぐ
  • 衣食住・・・

「やりたいことを実現する」

  • 夢、願望
  • 仲間と協力・・・

「グループブレスト」と「纏め」

先ずは、周りの意見をメモします。

Aさん、生きていくこと・・・

Bさん、夢を実現すること・・・

Cさん、食べていくこと・・・

Dさん、生きていくこと・・・

次は、グルーピングを行います。

Aさん、Cさん、Dさんは、

お金を稼ぐ、食べていく、生きていくなどの、

生活をするために必要だと捉えられます。

そのため、働くことの一つの要素は、

生活をすることだと思われます。

また、Bさんは、

夢を実現することと言っていますので、

個人の願望や夢を実現する場として、

やりたいことを実現することを

もう一つの要素に加えるのはいかがでしょうか?

→これができるとこの時点で通過です!

「発表」と「フィードバック」

リーダーの○○さんに発表をお願いして、

纏まった内容を発表していただき、

担当からフィードバックを得て終了となります。

まとめ

アイディアの良さは重要でありません。

アイディアの許容こそ、

グループディスカッションでは大切になります。

是非、周りの意見のグルーピングを行うことに、

全力を尽くしていただきたいです。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です