グループディスカッションが上手くいかない!苦手を克服すためのコツとは!?

グルディスで落ちてしまう。

そんな悩みを持っている方は多いと思います。

グループディスカッションが上手くいかないのは、

あなたがダメだと否定されているのでなく、

あなたの「グルディスでの行動が良くない」のです!

これから、

グループディスカッションが上手くいかない方へ、

苦手を克服するコツを含め対策を解説していきます。

Sponsored Links

何故、グルディスが上手くいかない!?

皆さんは、

何故、グルディスが上手くいかないと思いますか?

何度か挑戦した人は、何か反省点がでましたか?

様々な理由が考えられますが、おそらく、

「グルディスが何かを理解できていない」と思われます。

以下で、グルディスについて、

最低限理解しておかないといけない点を解説します。

グルディスの評価基準を理解しているか?

グルディスには評価基準があります。

それは、「主体性」と「協調性」です。

「主体性」については、

議論に向かう姿勢、発言の回数、内容など、

議論へ自ら参画しているかが見られます。

「協調性」については、

周囲への配慮、議論での立ち振る舞いなど、

議論をしている際の態度が見られます。

この2点を聞いて、何か思い当たる点はありませんか?

強引に議論を進めることや、

人の話を聞いていないことなどがありませんか?

一度、自分の行動を振り返ってみましょう!

グルディスの流れ、進め方を理解しているか?

グルディスには決まった流れ、進め方があります。

全体の流れを理解して、

その段階でやるべきことをすることが大切です。

以下で、流れ、進め方を解説していますので

是非、参考にしてください。

グループディスカッションの流れと進め方!人事評価ポイントと議論例!

Sponsored Links

苦手を克服するためのコツとは!?

グルディスが上手くいかない理由が何となく分かったと思います。

やはり、相手を知らないと何も始まりません!

以下では、苦手意識を持っている方へアドバイスをします。

グルディスを単なる作業と捉える!

グルディスに感情は必要ありません。

テーマを感情的に捉えた時点で負けです!

「テーマについて回答を定め、ロジックで理由付けをする」

そこに感情を挟む余地は一切ありません。

単なる作業として、グルディスを捉えてください。

そうすると、議論にも集中できますし、

些末なことを考えないで済みます。

例えば、テーマについて皆がどう思っているかは、

グルディスにおいて、何の意味もありません。

そのため、相手の顔を伺って発言しないことや、

発言の自信が無いと思うことは全然ないのです!

この意識は絶対に持って、グルディスに取り組んで欲しいです。

テーマの分類を理解しておく!

グルディスのテーマは、ある程度類型化されています。

何も知らない状態で、テーマを与えられえると、

怯む可能性がありますので、

どんなことがテーマになりやすいかを、

予習することが有効です。

テーマの中身は、企業毎に違いますが、

「○○を売るための施策を考えてください」

など、型はある程度似ています。

グルディスは議論の流れや進め方が重視される内容なので、

先にテーマを知っていることは強みとなります。

コントロールすることを考えない!

流れや進め方を理解すると、

議論を全てコントロールしようとする方がいます。

しかし、

議論をコントロールする必要はありません!

参考で紹介した

「議論の方向づけ」や「グルーピング」は、

あくまで、気付きを与えるという使い方が大切です。

全てをコントロールするには、

チームの情報が少なすぎますし、

無理にコントロールすると、

協調性が無いと捉えられます。

是非、その点は注意していただきたいです。

まとめ

グルディスが上手くいかないのには理由があります。

先ずは、むやみに回数をこなすのでは無く、

グルディスが何かを理解するようにしてください。

そうすれば、きっと、

今までのグルディスの捉え方が変わり、

上手くいくようになります!

 

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です