グループディスカッションが嫌い!議論が苦手な方への就活アドバイス!

グループディスカッションが嫌いな方は多いです!

私が訪ねた方は、大抵、口を揃えてそう答えます。

私自身も対策を知るまでは、

グループディスカッションへの苦手意識がありました。

これから、以前の私と同じような

グループディスカッションが嫌いな方へ、

苦手意識を無くせるよう、

就活アドバイスをしていきます。

Sponsored Links

グループディスカッションが嫌い!

皆さんは、

何故、グループディスカッションが嫌いですか?

私は「グルディス」という選考を、

良く理解できていないまま挑んでおり、

何を求められているか分からないということから、

グループディスカッションが嫌いでした。

様々な理由があると思いますが、

大抵の方は以下の2点に分類されると思います。

グルディスを良く知らない!

以前の私と同様な悩みです。

グルディスを良く理解できておらず、

選考に挑み続け成果が出ない方や、

グルディスが何か全く分からず、

食わず嫌いのような方が多いと思われます。

先ず、皆さんの認識を改めたいのが、

グルディスに特別な能力は必要ないということです。

以下で、グルディスの意図や目的を

理解していただければ分かりますが、

単なる作業として捉えて、

淡々とこなすことが重要になります。

グルディス嫌いの方が行う最初のステップは、

「グループディスカッションを知る」

ということになります。

グループディスカッションをやる意味とは?GDの定義と目的、注意点は!?

議論が苦手!

そもそも議論が苦手な方です。

議論が苦手な方は2パターンあると思います。

「議論の経験がなく鍛えられていない人」と、

「話すこと自体に抵抗がある人」です。

前者については、

経験を積むことで苦手意識が軽減できると思いますので、

議論の仕方を学ぶこと、

議論の機会を増やすことで対応できるでしょう。

後者については、

性格的な要素が強いため、

議論をしないという捉え方に転換することで対応しましょう。

詳細は、就活アドバイスで解説していきます。

Sponsored Links

グループディスカッションの就活アドバイス!

グルディスの苦手意識を克服するために、

就活アドバイスをしたいと思います。

具体的には、今の価値観を持ったまま、

行動や捉え方を変えていただきたいです。

議論でなく検討をする!

議論が苦手な方に対して、

議論をしてくださいとは言いません。

議論を検討するようなスタンスで、

グルディスに取り組んでいただきたいと思います。

具体的には、

議論の中に飛び込んで発言を繰り返すのでなく、

客観的な立場で、「議論の方向付け」、

「意見のグルーピング」をすることに専念しましょう。

そうすれば、無理にアイディアを戦わせて、

不毛な時間を費やさないで済みます。

また、議論が苦手なら、

最低限のことしか発言しないと決めることで、

割り切ることができます。

是非、戦場に出向くのではなく、後方支援に徹しましょう!

人を気にしすぎない!

議論をする際に、チームメンバーを意識して、

何も話せなくなる方が多いと思います。

しかし、このメンバーは一瞬の付き合いです。

遠慮する要素は全くありません!

また、グルディスのメンバーはランダムです。

自分より実力がある人がいる場合は後方支援に専念し、

議論が崩壊するチームであれば、

それらを立て直すように、

無理をしてでも立ち回る必要があります。

人を気にしすぎて、

身動きがとれなくなることだけは辞めましょう!

あなたは、あなたのままで、粛々と、取り組んでください。

まとめ

グルディスは嫌いのままで大丈夫です。

ただし、嫌いで何もやらないのは違います!

嫌いでも、議論を客観的に見ることはできると思います。

是非、人を気にしすぎず、

まるでチームのマネージャーのように検討することをしましょう!

きっと、一歩引いた立場で取り組む方が、

肩の力が抜け、上手くいくことになります!

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です