志望動機の面接での答え方!就活、転職、高校大学受験でも使えるコツとは?

志望動機は、選考と付随する面接の中で必ず聞かれます。

就活は勿論、転職、受験、バイトの面接など、

「どうしてここに来たの?」は聞かれることになりますよね?

これから、

志望動機の面接での答え方について、

答え方のコツも含めて解説していきます。

Sponsored Links

志望動機の聞かれ方と意図!

志望動機はそれぞれのシーンによって、

聞かれ方が異なり、含まれる意図も異なります。

先ずは、「どんな言葉で聞かれるか」と、

その「言葉が含む意図」を解説していきます。

志望動機の聞かれ方!

志望動機の聞かれ方は様々ですが、

ほとんどの場合、以下のいずれかに該当します。

直接的な質問と間接的な質問のされ方がされますので、

いずれも志望動機を聞かれているなど思うようにしましょう。

 【直接的な質問】

あなたの志望動機を教えてください。

⇒直接的に「志望動機」という言葉が使われます。

 【間接的な質問】

あなたは何故弊社を選択しましたか?

あなたは弊社で何がしたいですか?

あなたは弊社で何ができますか?

あなたは弊社の何に貢献できますか?

⇒直接的に「志望動機」という言葉は使われません。

志望動機の意図!

それぞれの質問のされ方に対し、

志望動機の意図を解説していきます。

①あなたの志望動機を教えてください。

【意図①】

純粋な志望動機を伺っています。

質問に含まれる特別な意図はなく、

あなたの興味関心、あなたの能力やスキル、

あなたの本気度が伝わる回答をする必要があります。

 ②あなたは何故弊社を選択しましたか?

【意図②】

間接的に志望動機を伺っています。

直接的な質問の意図に加え、

「何故、弊社?」とあるように、

複数の企業の中から一つを選んだ理由

も合わせて回答する必要があります。

③ あなたは弊社で何がしたいですか?

【意図③】

間接的に志望動機を伺っています。

直接的な質問の意図の中で、

あなたの興味、関心と能力や経験

を強調して回答する必要があります。

④あなたは弊社で何ができますか?

⑤あなたは弊社の何に貢献できますか?

【意図④⑤】

間接的に志望動機を伺っています。

直接的な質問の意図の中で、

あなたの過去の経験がどのように

志望企業で活きてくるかを回答する必要があります。

Sponsored Links

志望動機の答え方!

志望動機を答えるに当たり注意すべき点と、

答え方のコツはあります。

注意すべき点は、必ず意識して欲しいことで、

コツは余力があれば実践して欲しいことになっています。

以下で、それぞれ解説していきます。

志望動機を答える際の注意点!

①意図を理解して回答をする!

前述で、質問には意図が隠れているとご紹介しました。

例えば、恋人と別れる時に、

「さようなら」というシーンがあったとすると、

場面によっては、さようならの言葉の中に、

「永遠に」、「仕方ない」、「好きだ」など、

様々な含みが隠されていることになります。

「好きだ」を含む「さようなら」の際に、

さようならという言葉のまま受け取ったら、

バッドエンドになってしまいますよね?

そうならないためにも、

私が先程紹介した質問の意図は理解しておくようにしましょう。

 

②適切な回答時間で簡潔に答える!

志望動機の回答時間には目安があります。

志望動機は最も自分の熱意を表現しやすいので、

どうしても長く話してしまう傾向があります。

しかし、面接官は長すぎる話には嫌気がさします。

大体、2分を目途に回答できるように練習しておきましょう。

おすすめの練習方法は、

言いたいことの項目を箇条書きで纏め、

約2.5分で話すようにしましょう。

そうすると、本番の環境で、

緊張で走ってしまったとしても、

丁度よい時間で回答できることになります。

志望動機を答えるためのコツ!

コツは余力があるのであれば取り組んでいただきたいです。

注意点を網羅するだけでも、

面接においては効力がありますので、

プラスαということで解説します。

予め罠を張っておく!

志望動機の中で1点だけ抽象的でつつかれる部分を、

敢えて残しておくことです。

つまり、面接官が深堀するポイントを予め誘導するように、

対策を練っておくということです。

この効果は、自分のペースで面接を進めることができ、

自分のPRしたい内容へ誘導ができますので、

とても有効な戦術となっています。

しかし、深堀ポイントのロジックが弱い場合、

深堀の理由付けが検討違いの場合は、

自爆することになりますので、もろ刃の剣といえます。

志望動機に自己PRを含める!

志望動機は、あなたの興味関心、あなたの能力やスキル、

あなたの本気度が伝わる回答をする必要があります。

その際、あなたの能力、経験、スキル部分を

特に強調して回答することが、自己PRを含めることに繋がります。

例えば、「弊社の○○に貢献できます」の根拠として、

武道で学んだ忍耐力、サークルの代表で身につけた牽引力など、

要素を2つ以上組みあわえてアピールすると有効です。

このコツは、要素単位で取り入れやすいので、

是非、余力があれば取り入れてみてください。

まとめ

志望動機の面接での答え方は、

質問の意図を正しく汲み取れれば簡単です!

難しく考えず、本気度を含めた回答ができるよう

対策を練るようにしましょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です