志望動機が面接と履歴書とESで同じ!志望理由の書き方、答え方のポイントは?

履歴書とESで書いた内容を面接で話して良いのか?

皆さん、疑問に思うでしょう!

特に、自己PR等であれば別の話題を提供できるかもしれませんが、

志望動機を複数用意するのは難しいと思います。

これから、

志望動機が面接と履歴書とESで同じで大丈夫かについて、

志望理由の書き方、答え方のポイントを踏まえて、解説していきます。

Sponsored Links

面接と履歴書とESで同じ内容で大丈夫?

志望動機が面接と履歴書とESで同じで大丈夫かについては、

「全く問題ない!」ということです。

以下で、書類選考時、面接時の志望動機の位置付け、

理由について解説していきます。

同じで大丈夫な理由!

面接、履歴書で志望動機が同じで大丈夫な理由は、

「書類選考と面接時で履歴書、ESの意味合いが違う」こと、

「面接官が履歴書の内容を確認できていないことが多い」からです。

意味合いが違うことについては、

人事、面接官で見ているポイントが違うことです。

面接官が履歴書の内容を確認できていないことについては、

人事、面接官の怠惰ですが、忙しさから往々にしてありえます。

そのため、

履歴書で書いた志望動機を面接でお話して全く問題ありません!

志望動機の「書類選考時」の位置づけ!

書類選考時の履歴書とESの位置づけは、

足切り材料の意味合いが強いです。

読みやすく、分かりやすい文章が書けているか?

記載内容の意味が分かるか?

見当違いな内容が書かれていないか?

などが、大まかに見られます。

大まかというのは、残念ながら、

人事が一人一人の書類を熟読するほど時間が無いからです。

流し読みで、内容の要点が伝わり、

その内容が候補者として相応しければ書類を通過させます。

つまり、書類選考の履歴書とESの役割は、

皆さんが最低限のレベルに達しているかを確認することになります。

志望動機の「面接時」の位置づけ!

面接の履歴書とESの位置づけは、

あなたを深く知るためのネタ帳的な意味合いが強いです。

履歴書とESに目を通しても、

大抵の面接官は基本情報しか頭に入っていないことが多いです。

志望動機までスキャンできていると凄いくらいです!

また、忙しい面接官だと、履歴書、ESを読むことなく選考に登場します。

つまり、あなたのことを深く知らず、席に着くということです。

そんな面接官は履歴書とESをざっと読んで、

「これってどういうこと?」のような質問を、

定型的な質問を終えたら始めます。

頑張って書いたのに粗末に扱われて残念だと思いますが、

ES、履歴書の運命は案外そのようなものです。

つまり、「面接」の履歴書とESの役割は、

皆さんを深堀するための情報ということになります。

Sponsored Links

志望理由の書き方!

履歴書で志望動機を書くポイントは、読みやすさになります。

面接が終わって、次の面接までの数分で、

さらっと読める文章を書くようにしましょう。

ポイントは、纏め方になりますので、

有名なPREPの語順を以下紹介します。

「要点(Point)」・・・私は、~ました。

「理由(Reason)」・・・なぜなら、~です。

「例(Example)」・・・具体的には、~です。

「結論(Point)」・・・以上から、~です。

志望理由の答え方!

面接で志望動機を答えるポイントは、根底を明らかにすることです。

志望動機を純粋に回答しただけでは、概要レベルです。

その後、「何故、そう思ったのか?」、

「何故、そう思うに至ったか?」、

「そう思うようになったエピソードは何か?」等、

どんどん深堀を面接中されることになります。

必ず、自分の根底となっている価値観を整理しておきましょう。

以下で、具体的な対策をご紹介します。

意図を理解して回答をする!

質問には意図が隠れています。

例えば、恋人と別れる時に、

「さようなら」というシーンがあったとすると、

場面によっては、さようならの言葉の中に、

「永遠に」、「仕方ない」、「好きだ」など、

様々な含みが隠されていることになります。

「好きだ」を含む「さようなら」の際に、

さようならという言葉のまま受け取ったら、

バッドエンドになってしまいますよね?

そうならないためにも、

志望動機の質問の意図は理解しておくようにしましょう。

適切な回答時間で簡潔に答える!

志望動機の回答時間には目安があります。

志望動機は最も自分の熱意を表現しやすいので、

どうしても長く話してしまう傾向があります。

しかし、面接官は長すぎる話には嫌気がさします。

大体、2分を目途に回答できるように練習しておきましょう。

おすすめの練習方法は、

言いたいことの項目を箇条書きで纏め、

約2.5分で話すようにしましょう。

そうすると、本番の環境で、

緊張で走ってしまったとしても、

丁度よい時間で回答できることになります。

まとめ

志望動機を答えるのは難しいと思いますが、

意図を理解して、自分で練習をしていれば簡単です!

履歴書とエントリーシートで書いた内容を、

面接でお話しても全く問題ありませんので、

深く悩まず、取り組んでいただければと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です