志望動機が履歴書と面接で同じで大丈夫か?内容が違う方が良いの!?

履歴書やESで書いた内容を面接で話して良いのか?

皆さん、疑問に思っているでしょう!

特に、自己PR等であれば別の話題を提供できるかもしれませんが、

志望動機を複数用意するのは難しいです。

これから、

志望動機が履歴書と面接で同じで大丈夫か?」と、

履歴書と面接で内容が違う方が良いのか?」を、解説していきます。

Sponsored Links

面接と履歴書とESで同じ内容で大丈夫?

志望動機が面接と履歴書とESで同じで大丈夫かについては、

「全く問題ない!」ということです。

以下で、書類選考時、面接時の志望動機の位置付け、

理由について解説していきます。

同じで大丈夫な理由!

面接、履歴書で志望動機が同じで大丈夫な理由は、

「書類選考と面接時で履歴書、ESの意味合いが違う」こと、

「面接官が履歴書の内容を確認できていないことが多い」からです。

意味合いが違うことについては、

人事、面接官で見ているポイントが違うことです。

面接官が履歴書の内容を確認できていないことについては、

人事、面接官の怠惰ですが、忙しさから往々にしてありえます。

そのため、

履歴書で書いた志望動機を面接でお話して全く問題ありません!

後者の理由については説明できませんが、

前者の意味合いについては、以下を参考に考えてください。

志望動機の「書類選考時」の位置づけ!

書類選考時の履歴書とESの位置づけは、

足切り材料の意味合いが強いです。

読みやすく、分かりやすい文章が書けているか?

記載内容の意味が分かるか?

見当違いな内容が書かれていないか?

などが、大まかに見られます。

大まかというのは、残念ながら、

人事が一人一人の書類を熟読するほど時間が無いからです。

流し読みで、内容の要点が伝わり、

その内容が候補者として相応しければ書類を通過させます。

つまり、書類選考の履歴書とESの役割は、

皆さんが最低限のレベルに達しているかを確認することになります。

志望動機の「面接時」の位置づけ!

面接の履歴書とESの位置づけは、

あなたを深く知るためのネタ帳的な意味合いが強いです。

履歴書とESに目を通しても、

大抵の面接官は基本情報しか頭に入っていないことが多いです。

志望動機までスキャンできていると凄いくらいです!

また、忙しい面接官だと、履歴書、ESを読むことなく選考に登場します。

つまり、あなたのことを深く知らず、席に着くということです。

そんな面接官は履歴書とESをざっと読んで、

「これってどういうこと?」のような質問を、

定型的な質問を終えたら始めます。

頑張って書いたのに粗末に扱われて残念だと思いますが、

ES、履歴書の運命は案外そのようなものです。

つまり、「面接」の履歴書とESの役割は、

皆さんを深堀するための情報ということになります。

Sponsored Links

履歴書と面接で内容が違う方が良いのか?

「志望動機が履歴書と面接で内容が違う方が良いのか?」

については、できるだけ同じ方が良いと思います。

また、「内容が違うのも有なのか?」については、

有りだが、伝えられる内容は有限ですので、

重要なことを伝えきれなかった場合に限定した方が良いです。

先ず、志望動機はできるだけ同じ方が良い理由は、

皆さんが思う志望動機はそんなに多くないと思うからです。

この企業のここが良いというポイントは挙げられても1、2個だと思います。

それが10、20個もある人は、一度全て書き出して、

要素をグルーピングした方が良いと思います。

志望動機は理由の数が重要視さえる訳ではありません。

重要なのは志望動機の質です。

質を高めるためには、無駄な要素は削ぐ必要がありますし、

本当に価値があることは1つであるという意識でいましょう。

ジャブを何度も打つのではなく、一発でKOを狙えるパンチを磨きましょう。

次に、「内容が違うのも有なのか?」については、

履歴書に書いた内容が見当違いと気づいた場合は、

リカバリーを込めて有ということです。

どんなに良いことを言っても、検討違いのことを言っていたら、

選考を通過することはできません。

そういう場合に限り、記載した内容とは違うのですが、

「私が御社を希望する理由は~。」とお話し始めましょう。

変なことを永遠と話すより、

素直に間違いを認めて、再度話始める方が好印象です。

以上を纏めると、

基本は履歴書に書いた内容をお話し、

あまりにも面接官が府落ちできていない場合は、

改めて違う志望動機をお話すると良いでしょう。

まとめ

志望動機が履歴書と面接で同じことは問題ありません。

ただし、志望動機を話していて違和感が生じた場合は、

リカバリーを込めて改めて違う志望動機をお話するのはありです。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です