新卒向け志望動機の面接での答え方と回答例!履歴書と同じでも大丈夫!?

面接では多くの質問をされることになりますが、

志望動機は、中でも重要な位置づけとなります。

これから、「新卒向け志望動機の面接での答え方と回答例」、

ESと履歴書に書いた内容を面接でお話していいか?

について、解説していきます。

Sponsored Links

何故、志望動機は重要なのか?

志望動機がその他の質問と比べ重要な理由は、

「あなたを一貫して知れること」と、

「あなたの熱意を知れること」になります。

以下、それぞれ解説していきます。

あなたを一貫して知れること!

志望動機は未来のやりたいことを、

「現在のスキル、能力」、「過去の経験」を根拠に伝えることになります。

つまり、あなたの今までの興味関心、志向等の価値観から、

過去の経験、スキル迄を全て把握できることになります。

そのため、あなた自身を端的に知ることにおいて、

志望動機は最も有効と企業に捉えられています。

皆さんの立場からも、

その企業でやりたいことや成し遂げたいことがあるから、

受けてみようと考えるはずですし、

やりたいという想いだけでは、企業で何かを成し遂げることはできませんので、

こういう能力や経験を活かせるとお話することになると思います。

志望動機は自己PRも兼ねることにもなり、重要な質問となっています。

あなたの熱意を知れること!

志望動機にはあなたの「情熱」が含まれます。

情熱は皆さんの本気を引き出すことができます。

夢や目的を語り、情熱を持って、粘り強く働くことは、

企業にとって重要ですし、情熱を持たない人間を企業は雇いません。

そのため、この質問は重要な質問となっています。

Sponsored Links

NGな志望動機とは!?

伝え方と内容の観点から良くない志望動機について解説します。

伝え方が悪い!

伝え方が悪いことについては、

先程も述べた「熱意が全然伝わらないこと」と、

「言葉の選定が良くないこと」があります。

前者については、

志望動機を暗記して読み上げるようなロボット対応では、

本当のあなたの言葉として捉えられません。

それでは、面接官に響きませんし、選考を進ませることはないでしょう。

後者については、

使っている言葉が若者言葉であることや、

ビジネスに相応しくない言葉、意味の分からない言葉を使うことです。

社会人になると、マナーや心遣いが特に見られます。

学生時代は適当で良かったものが、社会人になると通用しなくなります。

話した時の言葉の印象で信頼を得ることが最も重要となりますので、

社会人レベルまで達する必要はありませんが、

最低限のレベルで話せるようにしておきましょう。

内容が悪い!

内容が悪いことについては、

「内容が薄い、空っぽなこと」と、

「自分本位な内容になっていること」があります。

前者については、

内容が薄く空っぽだと、全く響きません。

当たり障りのないことを大きな声で言っても意味は無いです。

具体的かつ、面接官がその状況をイメージできるような志望動機になるように、

志望動機の内容はブラッシュアップするようにしてください。

後者については、

「安定しているから」、「お金が貰えるから」、

「楽そうだから」などの、自分本位は毛嫌いされるということです。

企業は安定を得るために働く場所ではありませんし、

お金のためとなりますと、他にも企業はたくさん存在します。

何故、その会社でなくてはならないのかを、

簡潔に的確に示せるようにしておきましょう。

志望動機の面接での答え方!

志望動機を答える際にはポイントがあります。

以下のことを注意していただければと思います。

意図を理解して回答をする!

質問には意図が隠れています。

例えば、恋人と別れる時に、

「さようなら」というシーンがあったとすると、

場面によっては、さようならの言葉の中に、

「永遠に」、「仕方ない」、「好きだ」など、

様々な含みが隠されていることになります。

「好きだ」を含む「さようなら」の際に、

さようならという言葉のまま受け取ったら、

バッドエンドになってしまいますよね?

そうならないためにも、

質問の意図は事前に理解しておくようにしましょう。

適切な回答時間で簡潔に答える!

志望動機の回答時間には目安があります。

志望動機は最も自分の熱意を表現しやすいので、

どうしても長く話してしまう傾向があります。

しかし、面接官は長すぎる話には嫌気がさします。

大体、2分を目途に回答できるように練習しておきましょう。

おすすめの練習方法は、

言いたいことの項目を箇条書きで纏め、

約2.5分で話すようにしましょう。

そうすると、本番の環境で、

緊張で走ってしまったとしても、

丁度よい時間で回答できることになります。

志望動機の回答例!

私が御社を志望する理由は、第1に,製品と人の価値観が一致していること、第2に,挑戦できる環境が整っていること,の2点です。第1の点について、貴社は,チームワークの重視に加え、チームワークを支援する製品を提供していることに一貫性を感じました。私は,大学時代,チームで情報共有することの難しさを様々な場で痛感したため、グループ活動を円滑にする貴社の製品に将来性と魅力を感じています。私は,そうした魅力的な製品を生み出す一員として、チームワークを重視して働きたいです。第2の点は、説明会で「世界シェアトップを目指し挑戦を続ける」と伺い、挑戦の舞台が用意されていると感じたからです。私は,ゼミナールや部活動,サークル活動を通じて,自分で目標設定して困難な状況でもやりきる力を身に付けました。この能力を公明正大な社風と挑戦できる環境の下で発揮したいです。以上の2点から御社を志望致します。

履歴書と同じ内容で大丈夫か?

面接、履歴書で志望動機が同じで大丈夫な理由は、

「書類選考と面接時で履歴書、ESの意味合いが違う」こと、

「面接官が履歴書の内容を確認できていないことが多い」からです。

意味合いが違うことについては、

人事、面接官で見ているポイントが違うことです。

面接官が履歴書の内容を確認できていないことについては、

人事、面接官の怠惰ですが、忙しさから往々にしてありえます。

そのため、

履歴書で書いた志望動機を面接でお話して全く問題ありません!

志望動機の「書類選考時」の位置づけ!

書類選考時の履歴書の位置づけは、

足切り材料の意味合いが強いです。

読みやすく、分かりやすい文章が書けているか?

記載内容の意味が分かるか?

見当違いな内容が書かれていないか?

などが、大まかに見られます。

大まかというのは、残念ながら、

人事が一人一人の書類を熟読するほど時間が無いからです。

流し読みで、内容の要点が伝わり、

その内容が候補者として相応しければ書類を通過させます。

つまり、書類選考の履歴書とESの役割は、

皆さんが最低限のレベルに達しているかを確認することになります。

志望動機の「面接時」の位置づけ!

面接の履歴書とESの位置づけは、

あなたを深く知るためのネタ帳的な意味合いが強いです。

履歴書とESに目を通しても、

大抵の面接官は基本情報しか頭に入っていないことが多いです。

志望動機までスキャンできていると凄いくらいです!

また、忙しい面接官だと、履歴書、ESを読むことなく選考に登場します。

つまり、あなたのことを深く知らず、席に着くということです。

そんな面接官は履歴書とESをざっと読んで、

「これってどういうこと?」のような質問を、

定型的な質問を終えたら始めます。

頑張って書いたのに粗末に扱われて残念だと思いますが、

ES、履歴書の運命は案外そのようなものです。

つまり、「面接」の履歴書とESの役割は、

皆さんを深堀するための情報ということになります。

まとめ

志望動機の面接での答え方対策をして、

少しでも優位に新卒向け就活を進めていただきたいです。

度々、お話していますが、

就活は準備100%です。妥協せずに、対策をしていきましょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です