志望動機の書き出し方例文!就活での目的と注意点と型、自己PRとの違いは!?

どうやって志望動機を書き出すと良いか、

きっと皆さんは悩んでいると思います。

これから、志望動機の書き出し方例文と、

就活での目的と注意点、型と自己PRとの違いを解説していきます。

Sponsored Links

志望動機の意図とは!?

就活において、必ず志望動機は伺われます。

皆さんは、何故、志望動機が聞かれると思いますか?

理由は、以下3点の内容を企業が知りたいと考えているからです。

それは、「目的」、「手段」、「情熱」についてです。

何を考え、何を望んで応募をしてきたか知りたい!

志望動機にはあなたの「目的」が含まれるはずです。

今までの興味関心、志向等を背景に、

その企業でやりたいことや成し遂げたいことがあるから、

受けてみようと皆さんは考えると思います。

そのような何を考えて、どんなことを望んで、

弊社を受けに来てくれたのかを企業は確認したいと思っています。

どんな経験、スキルを持ちどう活かせるかを知りたい!

志望動機にはあなたが何かを成し遂げる「手段」が含まれるはずです。

やりたいという想いだけでは、企業で何かを成し遂げることはできません。

志望動機では、何かを成し遂げるために、

こういう能力や経験があることが必ず含まれることになります。

そのような過去の経験、スキルを企業は確認したいと思っています。

どれくらいの想いが込められているか知りたい!

志望動機にはあなたの「情熱」が含まれるはずです。

情熱は皆さんの本気度を見ることができます。

そして、情熱は諦めない気持ちに直接的に関係してきますので、

粘り強く業務をやり切ることに繋がることでしょう。

そのような情熱を確認したいと企業は思っています。

Sponsored Links

志望動機のポイントと注意点は!?

志望動機を書き出す上で重要になる

ポイントと注意点について解説していきます。

自分だけで判断できない場合は、

友人や親など第三者に見てもらえると良いでしょう。

読みやすいか?

志望動機は読みやすい必要があります。

なぜなら、読むに堪えない文章を採用担当官は読まないからです。

彼等はあまり志望動機などをじっくり読む時間がありません。

簡潔に纏まって流れるように読めることが重要です。

読みやすい文章を書くポイントは、PREPを活用することです。

「要点(Point)」・・・私は、~ました。

「理由(Reason)」・・・なぜなら、~です。

「例(Example)」・・・具体的には、~です。

「結論(Point)」・・・以上から、~です。

また、注意点は、ダラダラ書かないということです。

ダラダラと「、」続きの文章は読んでいて疲れます。

「、」を多用することなく、短い文章で流れを意識するようにしましょう。

分かりやすいか?

志望動機は分かりやすい必要があります。

なぜなら、支離滅裂な内容では言いたいことが伝わらないからです。

伝わる文章を書くポイントは、ロジックを確認することです。

独立変数と従属変数の関係が正しいか?

モレ、ダブりのないロジカルシンキングに沿った文章になっているか?

を、綿密に確認することがとても重要になります。

また、注意点は、具体性になります。

理由が具体的にイメージできる内容になっていないと、

受けても何を言っているか分からなくなってしまいます。

抽象的な言葉を使わず、具体的な言葉を選択するようにしましょう。

本気が見えるか?

志望動機であなたの本気度が分かります。

特に、企業研究、業界研究の深さが関係してきます。

本気度のポイントは、徹底的な企業目線です。

学生の立場で、やりたいことを語っているのか、

自分がその企業で働いている立場で、

やりたいことを語っているかは、

内容の濃さで理解することができます。

薄っぺらい内容を語るのではなく、

想いのこもった志望動機にするようにしましょう。

また、注意点は事実と意見の関係になります。

人の意見を前提として志望動機を書くのではなく、

事実を前提に志望動機を書くようにしましょう。

志望動機と自己PRは違うのか!?

志望動機と自己PRの違いはありません。

志望動機はやりたいことを自分の強みで理由付けします。

自己PRは自分の強みを活かしてやりたいことを述べます。

記述の仕方が違うだけで、内容は変わりません。

ただし、いずれの場合でも大切なのが、

志望動機、自己PRが企業に貢献できる内容である必要があります。

サッカー専門店で野球のバットを売るようなことにならないように、

求められる能力と役割は確認しておくようにしてください。

志望動機の書き出し方(NG例文)!

NGな志望動機の書き出し方をご紹介します。

私は大学時代に〇〇に所属していました。

〇〇では〇〇をして、幅広い方々と交流をしてきました。

〇〇を通じて、相手の立場に立つことを体系的に身につけてきました。

その相手の立場に立つ能力を活かして、貴社では〇〇をしたいと思っています。

相手の立場に立つことは、、、、

【NGポイント】

・ダラダラ事実を書いていて長い。

・何が言いたいか分からない。

・会社の何に貢献できるか分からない。

志望動機の書き出し方(例文と型)!

上記のNGな書き出しを踏まえて、

志望動機の書き出し方をご紹介します。

私の志望動機は、貴社の〇〇の事業で、

社会の〇〇に貢献したいと考えたからです。

具体的には、貴社の〇〇は、〇〇に影響を与えており、

社会的になくてはならない事業だと思っています。

そして、私はそのような貴社の事業を行うことで、

社会の〇〇に貢献していきます。

また、私が貴社の一員になりましたら、

〇〇な点を活かして、少しでも貴社の〇〇に貢献したいと考えております。

【ポイント】

理由付けは正しいか?

企業とあなたのベクトルは同じ向きか?

具体的なイメージを与えられているか?

まとめ

志望動機の書きだし方は「結論優先」です。

何がしたいのか、それがどう影響するのかを先に述べ、

その後理由付けをするようにしましょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です