【キャリア形成】就活生も知るべきリアリティーショックの意味と対策

皆さんは、

リアリティーショック

という言葉をご存知ですか?

キャリア論を専攻していない学生は、

馴染みのない言葉だと思います。

これから、

就活生が知っておくべき

リアリティーショックについて、

ご説明させていただきます。

Sponsored Links

リアリティーショックとは?

リアリティーショックとは、

現実と理想のギャップからショックを受ける

ことです。

端的に言いますと、

思っていたことと違うな!

と感じることです。

何か新しいことを始める際、皆さんも、

このような感覚を受けたことがあると思います。

 

さて、

何故この概念を就活生の皆さんに

知っていただきたいかと申しますと、

耳当たりの良いことだけを考慮して

企業選びをすることは危険なことだからです。

いざ、入社した際に、

「言っていたことと違うじゃないか」

となるケースが非常に多いからです。

そして、

無事に内定を獲得し、入社できた際に

この概念を知っている人と知らない人で、

離職率が圧倒的に変わるからです。

 

皆さんには、

リアリティーショック対策を理解することで、

より良い企業選びをしていただきたいです。

Sponsored Links

リアリティーショック対策

就活生の視点から、

取り組むべき対策をご紹介します。

 

入社後のギャップを緩和するために、

企業研究は、

自分の納得がいくまで取り組んでください!

 

やりたいことが本当にできるか?

やりたいことができるまで、

どれくらい下積みが必要か?

給与に満足できそうか?

福利厚生は充実しているか?

一緒に働く人の雰囲気はどうか?

 

最低でも上記くらいは確認しておきましょう。

 

また、

自己分析、キャリア形成については、

必ず残る形でまとめておきましょう!

形として残しておかないと、

自分の当時の考えが分からなくなります。

入社した後、

リアリティーショックに直面したら、

当時の資料を見直すことで、

後悔は軽減すると思います。

 

まとめ

どんなに自分が好きな企業に就職できても、

必ずリアリティーショックを感じます。

今回ご紹介した対策は、

リアリティーショックに直面した際、

後悔をなるべく減らすことを目的にしています。

どうせ後悔するなら、

どうせリアリティーショックを受けるなら、

未来の自分が納得のいくよう、

今真剣になった方が良くないですか?

是非、

企業研究と自己分析をしっかり行って、

就職活動に取り組んでいただければと思います。

 

最後に、

この考えを就活生で知っていることは、

大きな強みとなります。

下積みを考慮に入れて、

就職活動をしている人が少ないからです。

是非、この内容を意識して、

就職活動に取り組んでいただきたいです!

 

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です